2013年08月18日

靖国神社に参拝する政治家は 民主主義と世界平和の敵だ


【靖国神社に参拝する政治家は 民主主義と世界平和の敵だ】

靖国神社は、国家神道のための装置である。
万世一系・神聖不可侵の天皇のための宗教施設である。
(いまの天皇が帝国主義や軍国主義にまみれているとは思わないが)

今は一宗教法人という形になっているが、国体護持の復古主義的な帝国ニッポンに参拝する政治家の気がしれない。

しかも「みんなで」で連れ立って無責任体制で参拝する。
原発依存社会を許容する構図と同じだ。

政治家の靖国参拝は、中国や韓国など近隣諸国から批判されるからではなく、政教一致につながる危険が大だからダメなのだ。
(参議院議長経験者で現参議院議員の江田五月さんのように、千鳥ケ淵戦没者墓苑に参拝するなど別の形で戦争犠牲者を慰霊する政治家もいる)

創価学会=公明党のような宗教政党も用心しないといけないが、靖国神社=国家神道の亡霊も用心しないといけない。

「日本人」とされた朝鮮人(韓国はまだ存在しない)ら植民地支配の下で旧日本軍の軍人として闘った4万9000人の方々が、靖国神社に遺族の意向を確認することなく勝手に合祀されている事実に一日本人として心が痛む。
キリスト教徒が遺族の意向を無視して合祀されて裁判になった事例もある。

A級戦犯の合祀はささいな問題だ。
靖国神社を参拝するということは、民主主義と世界平和を否定しかねないからダメなのだ。


沖縄戦で国家に殺された私のおじも、靖国神社で軍神とされているのだと思う。
一度だけ、靖国神社にある遊就館がどういう展示をしているのか見に行ったことがあるが、戦争賛美色が強い内容でやっぱりと思った。

歴史認識は、近隣諸国と共通であってほしいと思う。
お互いに認識に違いがあるのなら、率直に何度となく話し合うべきで、それが外交であり政治家の責任だと思う。



きょう8月18日放送のTBSテレビの「サンデーモーニング」で、保守の論客である寺島実郎さんが「近隣国の声に聴く耳を持たない」「押しつけ憲法なのか」など3点を挙げて、安倍晋三首相の言動を批判していた。
共感したのと同時に、バランス感覚のある人物とはいえ保守の側からさえも懸念の声が上がっている事態であることは重い。

ニューヨークタイムズなど海外メディアは、自民党総裁に安倍さんが復帰した時から、すでに靖国神社とおぼしき写真とともに幾度と記事を配信している(本紙でも)。
安倍さんの首相復帰が確実視されていた時点から、日本の復古的なナショナリズム(民族主義)に警戒音を出していることは、日本社会も認識していた方がいいと思う。

大英帝国(イギリス)・米国(アメリカ)にしろ日本にしろ、植民地支配や帝国主義的な思想・行動は否定されるべきだ。
自己に都合のいいような歴史認識しかできないのでは、あまりに幼稚であまりに乱暴だ。

先の戦争(太平洋戦争=大東亜戦争)では、日本は被害者である前に加害者だったという共通認識をもちたいものだ。

(了)


ラベル:靖国神社
posted by びとう さとし at 11:44| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治★全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

共産党は単独候補ではなく脱原発統一候補を模索してほしい 現状は改選2は自民・民主の指定席


共産党(員)さんへの要望

共産党員ではない、脱原発派の人間から今思うのは、ことし7月の参議院選挙です。

参議院の北海道選挙区(昔風に言うと「地方区」)の改選数は、「2」。

中央政界では、共産党さん同様にまっとうな脱原発勢力といえる「みどりの風」「未来の党」の合流の動きもあります。
全国キャラバンを始めた「緑の党」という新興勢力もあります。

改選2を、自民と民主の指定席にしてはなりません。
共産党さんは、参議院選をたんなる「党勢伸長」の一環とお考えですか。

日本で一番古い政党です。
共産党が主導することによって、脱原発での統一候補擁立の可能性を探ってもらいたいと思います。
すでに、候補を内定しているからできない相談でしょうか。
原発を止めるには、大同団結する必要性があります。
(各種世論調査では)国民の多数が脱原発を望んでいます。議会に代表をおくることが何よりです。

びとうさとし

(了)
posted by びとう さとし at 08:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治★全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

参院議運委の野党(民主)側理事3人は 川口環境委員長解任の経過をネットで報告しているか

参院議運委の野党(民主)側理事3人は 川口環境委員長解任の経過をネットで報告しているか


参議院は2013年05月09日午前の本会議で、<国会の許可がないまま中国出張を延長し委員会が中止となったとして野党7党が提出した自民党の川口順子(よりこ)環境委員長の解任決議案を、野党の賛成多数で可決した。>(毎日新聞電子版・最終更新05月09日12時33分)
常任委員長が決議によって解任されるのは、衆参両院で初めてのことです。
参議院の環境委員会で委員長を務めていた川口順子さんの解任が、私には解(げ)せない。理解できない。

なので、参議院の議院運営委員会(議運)の野党側理事3人のホームページにあたって、国会活動の報告をしているかどうかを確認したい。
参院議運の野党側理事は、民主党会派のみで、ほかの野党議員はいない。
民主党の理事は以下の3議員です。

理事 小見山 幸治さん(民主)
理事 広田   一さん(民主)
理事 水岡  俊一さん(民主)

「なぜ環境委員会の委員長が辞めたのに、議院運営委員会の理事なのか」と言うと、議員運営委員会が文字通り「議院(全体)の運営を取り仕切る」委員会だからです。
良くいえば交通整理役。悪くいえば古い体質の残る談合組織といえます。
(特に「55年体制」時代の自民党と社会党のズブズブの関係は三流芝居でした)
参議院には、(環境委員会などの)<常任委員長は国会開会中は海外渡航を自粛する取り決めがあり、議院運営委員会が特別に認めた場合に渡航が許可される>(毎日新聞)となっているようです。

中国を訪問していた川口順子委員長の日程延長の許可を与党側(自民2・公明1)の理事が参院議院運営委員会に申請したにもかかわらず、野党側が議運理事会(議員委員長は自民党議員)で取り上げずに了承しなかったといういきさつがあります。

◇その1
理事 小見山 幸治さん(民主)
議員HP:http://www.komiyama.to/
「新着情報」の項目があります。以下のようであり解任決議案についての説明はありません。
新着情報には<マラソン大会に出場します。>ですと。
マラソンに出ようが出まいが知ったこっちゃない。それより、議会の報告をするのが先だろ。
こういう人を選択している岐阜県民にも大いに問題があるのでしょうが。ちなみに、HPの記述によると、この議員は福島大学OBのようです。
<引用はじめ。「5月9日」を加筆>
2013/05/12 よしはるブログ 来週(5/19)、マラソン大会に出場します。 NEW
2013/05/11 よしはるブログ 参議院選挙候補者擁立について NEW
--5月9日--
2013/05/06 よしはるブログ 第27回 ニコニコレディースバレーボール大会 NEW
<引用おわり>

◇その2
理事 広田   一さん(民主)
議員HP:http://www.hirota1.com/index.html
その1の議員と同様に、HPに新着情報があります。
記述はありません。
<引用はじめ。「5月9日」を加筆>
--5月9日--
2013/03/27
民主党大災害から国民を守る法律整備調査会
2013/03/16
高知県自衛隊入隊入校激励会
2013/03/11
3/8、東京で初めての勉強会を開催
<引用おわり>

◇その3
理事 水岡  俊一さん(民主)
議員HP:https://www.mizuoka.net/

記述があります。
本会議に関するとおり一遍の説明だけで、自身が理事を務める議運理事会についての記述はなく、経過の説明はありません。川口順子委員長の日程延長の許可の申請をする意思があった自民党について言及していません。不誠実な説明にです。
<引用はじめ>
2013.5.9議員総会・本会議 参議院環境委員長解任決議(案)が可決
本日の本会議は、川口順子環境委員長の解任決議が行われることから、禁足(15分以内に集まることを要請)が出されました。
海外渡航前に委員会をセッティングしながら、議運委員長の許可なく渡航期間を延長し、委員会を中止したという事実は、川口委員長の中国渡航が国益にかなうものであったかどうかとは別の次元の問題です。 委員長の責務を怠った川口委員長に対して解任決議案が可決されたことは、極めて当然のことと考えます。
結果は、賛成123・反対107で可決。
委員長の解任決議はこれまでに24回も提出されていますが、可決されたのは憲政史上衆・参において初めてのことです。
<引用おわり>

以上、民主党の理事3人のうち2人は一言も説明もせず、記述のある1人も本質論を避けた不誠実な説明であることがわかった。
おさんかたとも、国民のことを「愚民」と思っていて説明しないのか。

マラソンする暇あったら、国民への説明責任を果たせ。
説明するなら、「今でしょ!」

◆参考ログ
記事「【資料】参議院・議院運営委員会 委員名簿 2013年05月12日現在」(2013年05月14日付け)
http://satoshi531mt.seesaa.net/article/361054427.html


(了)
posted by びとう さとし at 06:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治★全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【資料】参議院・議院運営委員会 委員名簿 2013年05月12日現在


国会・参議院のホームページから、コピペ(複写)

◇参議院の議院運営委員会(議運)
所属する議員は25人。
委員長は、岩城光英さん(自民)
理事は6人。民主が3人、自民が2人、公明が1人。

所属の全議員25人を会派別に並べると
民主=11人(うち理事3人)
自民=10人(うち委員長1人、理事2人)
公明=2人(うち理事1人)
みんな=2人

<複写はじめ>
参議院議院運営委員会

2013年(平成25年)5月12日現在
委員長 岩城  光英 (自民)
理事 小見山 幸治 (民主)
理事 広田   一 (民主)
理事 水岡  俊一 (民主)
理事 大家  敏志 (自民)
理事 岡田  直樹 (自民)
理事 長沢  広明 (公明)
石橋  通宏 (民主)
大野  元裕 (民主)
金子  洋一 (民主)
斎藤  嘉隆 (民主) <正字>
田城   郁 (民主)
難波  奨二 (民主)
西村 まさみ (民主)
松井  孝治 (民主)
石井  浩郎 (自民)
磯崎  仁彦 (自民) <正字>
上野  通子 (自民)
中西  祐介 (自民)
野村  哲郎 (自民)
長谷川  岳 (自民)
渡辺  猛之 (自民)
竹谷 とし子 (公明)
中西  健治 (みん)
真山  勇一 (みん) <正字>
<複写おわり>

◆参考ログ
記事「参院議運委の野党(民主)側理事3人は 川口環境委員長解任の経過をネットで報告しているか」(2013年05月14日付け)
http://satoshi531mt.seesaa.net/article/361065577.html

(了)

posted by びとう さとし at 06:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治★全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

良識の府?任期5年経て、政策は「準備中」 中退なので大学名だけの姑息さ 室井邦彦さん

良識の府?任期5年経て、政策は「準備中」 中退なので大学名だけの姑息さ 室井邦彦さん



夏の参議院選挙に向けて、候補者の動きがニュースとなり始めています。

(選挙に)出る出ない、(所属政党を)移る移らないばかりで、どういう政治信条を持っているとか、実現したい政策などの話は伝え聞かない。

たとえば
「民主・室井氏が離党の意向 他党から参院選出馬か」(共同通信)
「民・自、参院で1議席差に…室井氏、離党へ」(読売新聞)
という記事を各紙が伝えている。

聞いたことがない議員(室井邦彦<むろい・くにひこ>さん、比例選出)なので、調べてみた。

「すっとこどっこい」だった。
ホームページの項目「政策/マニフェスト」は、
<只今準備中です。しばらくお待ちください。>
とあるだけ。

<1議席差>も問題だけど、任期6年の参議院議員が残り半年を過ぎて、政策が「準備中」である異常さを報じない限り、日本の政治はいつまでたっても進歩しないと思う。



室井さんは、昨年2012年12月の総選挙(衆議院選挙)で国会議員になった人ではありません。

参議院は任期が6年。室井さんは、この夏で任期満了を迎える議員です。
任期5年半をすぎて、政策が「準備中」とは、かなりの大物か、能力もやる気もないバカです。

日本では、国会議員1人に年間2億円の経費をかけています。
5年半ですから、10億円を超えますね。
5年半かけて10億円かけて、政策が「準備中」…。

途中で議会が解散することはありません。急な選挙の心配をする必要がないので、衆議院議員に比べて参議院議員はどっしり構えて議員活動ができます。

室井邦彦さんのような能力もやる気もない輩が、どうして国会議員になってしまうのでしょうか。
選挙に問題があるからだと思います。
選挙制度と選挙運動の双方に問題があります。

選挙運動は、候補者の政治信条や政策などを有権者に知らせて、有権者にだれ(個人名・政党名)に投票するかを判断するかの資料を与えるためのものです。
しかし、総務省は候補者の情報の開示よりも、選挙違反の取り締まりを優先させる政策意図をもっているため(総務省の省益優先)、まともな情報が有権者に伝わらない。

明治期に来日したフランス人のビゴーさんという風刺画家かいましたが、当時の風刺画は現在からみると笑えません。
過去の歴史ではなく、現在もほぼ同じ姿で21世紀にも残っているからです。

任期5年半を過ぎて政策が準備中の国会議員がいるのは、日本の経済成長が右肩上がりまでの「昭和元禄」頃までの笑い話としなくては、と思います。

2011年3月11日の東日本大震災を経験した後に、国会議員が政策準備中というのは笑い話にはなりません。

室井さんのHPの学歴は、「〇〇大学××学部」とあるだけで、卒業とも中退とも書いてない。
こういう書き方から議員の人柄を読むこともできますが、もっと質・量ともに情報を国民に開示すべきでしょう。

(バカという言葉に抵抗のある方には、すいません。ただ「お利口さん」というのも日本人として情けないです。私は努力をする人を悪意を持ってバカとは呼びませんので、ご容赦を。)

◆過去ログ
「政策は「準備中」というバカもいる議員10人の社民党国会議員一覧」(2012年01月24日)
http://satoshi531mt.seesaa.net/article/248128759.html



民主党は奇異な政党だ。
1 民主党は除名した政党員を民主党自らの集会に呼んでいる。
民主党にとって「除名」ってどう意味なのだろう。

2 民主党を離党(あるいは除名)した国会議員が、民主党の会派に残っている(外部から指摘を受けて一部改善したが)。

節操のない人間の集まり(民主党)に投票したいと考えるまともな人間は、地球上にはいない。
次の政権として期待しているのは、私は民主党(現執行部は代表も幹事長も嫌だが)。

(了)

posted by びとう さとし at 00:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治★全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。