2015年05月26日

【日本海国特派員協会が今年創設した「報道の自由推進賞」の初年度受賞者】


【日本海国特派員協会が今年創設した「報道の自由推進賞」の初年度受賞者】

The Foreign Correspondents’ Club of Japan
Announcing the First Annual
FCCJ Freedom of the Press AwardsResults
(英語は下記をご覧ください.
See English ⇒http://www.fccj.or.jp/images/election2015/2015.fop.awards-press.release.announcement.eg.jp.pdf.)

※きょう26日付の朝日新聞に載っているので、発表は25日だったのかもしれません。5月3日の「世界報道の自由デー」が引き合いに出されていますが。
-------------------------------------------------------------

公益社団法人日本外国特派員協会(FCCJ)が報道の自由推進賞の受賞者を発表

「ジャーナリズムとは報じられたくないことを報じることだ。それ以外のものは広報に過ぎない」
ジョージ・オーウェル

日本では今、報道の自由が脅かされています。世界報道の自由デーの5月3日、日本外国特派員協会(FCCJ)は報道の自由の推進に貢献した記者、媒体そして個人を表彰します。
2015年、国境なき記者団による報道の自由度ランキングで日本の報道の自由度は世界第61位へと後退しました。これは韓国やチリ、セルビアよりも低い評価です。
2012年、日本は同ランキングで世界22位の評価を受けました。日本の報道の自由度が下がった理由として、国境なき記者団は特定秘密保護法が制定されたことで、特に原子力や対米外交に関連した情報の公開度が後退し、もはやそうした情報は日本ではタブー視されるようになったと酷評しています。

このように、政府にとって都合の悪い情報を出させないようにするために、公共性の高い情報を伝える調査報道や、記者の取材源の秘匿などが脅かされています。
そこで日本外国特派員協会(FCCJ)は2015年、報道の自由推進賞を創設し、世界報道の自由の日となる2015年5月3日に、発表しました。

今年の受賞者は以下の通りです。
☆調査報道賞(Japan Investigative Journalism Awards)
=優れた調査報道を通じて報道の自由の推進に貢献したジャーナリストもしくは媒体に贈られます。年一度の表彰です。

●ファクタ
日大のスキャンダルやその他の金融スキャンダルに代表される、日本でタブーとされるテーマに関する継続的かつ質の高い調査報道に対する功績

●朝日新聞 プロメテウスの罠
原発の安全面や業界の隠蔽体質や腐敗に関する継続的かつ長期的な調査報道に対する功績

●ジェイソン・クレンフィールド(ブルームバーグニュース)
KDDIの非正規の壁に挑む丸井美穂氏を取り上げた報道に対する功績。


☆報道功労賞(Lifetime Achievement Award)
=報道の自由および言論の自由の促進に生涯を通じて貢献したジャーナリストまたは人に贈られます。候補者は日本で活動していることを条件とし、該当者がある場合のみ表彰されます。

●ジョン・ミッチェル氏(ジャパン・タイムズほか)
沖縄における枯れ葉剤問題やその他の米軍基地に関連した諸問題に関する一連の報道並びに著作に対して。

☆報道の自由の友(Friend of  the Free  Press)
=日本を拠点として報道の自由を促進する運動に取り組む法律家、活動家、内部告発者などが対象です。年一度の表彰です。

●古賀茂明氏(元経産官僚)
表現の自由を抑圧しようとする政府に対する批判と、東京電力の問題を含む日本の政治や産業界に関する鋭い評論活動に対して。

●中野晃一氏(上智大学教授)
特定の勢力に阿ることなく、また恐れることなくタブーに踏み込み、日本の政治に関する鋭く有益な分析を継続的に行った功績に対して。

●マイケル・ウッドフォード氏(オリンパス前CEO)
社の会計偽装を内部告発し、日本の企業統治により高度な透明性を促した功績に対して

☆年間最優秀出版賞(Publication of the Year)
=出版あるいはウェブ上で公開された、優れた調査報道に対して贈られます。年一度の表彰です。

●東京新聞
原発問題、政治スキャンダル、汚職、報道の自由に関わる継続的、かつ優れた調査報道に対して。

☆殉職した英雄賞(Fallen Hero)
=取材中に殉職したジャーナリストに贈られます。活動拠点は日本の国内外を問いません。該当者がいる場合のみ表彰されます。

●後藤健二氏
シリアで取材中にISIL(イスラム国)に拘束され、安倍首相が「ISILと戦う国のために」数億ドルの支援を約束した数週間後の斬首されたフリーランスジャーナリストです。彼は戦争そのものを報じるのではなく、戦争の悲惨な側面を報じる人道ジャーナリストでした。彼は他のジャーナリストたちが行きたがらない危険な地域をあえて取材することで、中東や他の紛争地帯で何が起きているのかを世界に伝えました。


++++++++++++++++++++++++++++++++++
お問い合わせは外国特派員協会(FCCJ)まで。
電話:0332113161
(月〜金、10:00-18:00)
Eメール:freepress@fccj.or.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++

(了)
posted by びとう さとし at 20:01| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

おススメ!!   書籍「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」


【おススメ!!   書籍「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」】

「日本はなぜ、『基地』と『原発』を停められないのか」(矢部宏治さん著、集英社、¥1200+税)という書籍があります。
おすすめの書籍です。

書名を読むと、一見、「ユダヤ資本」などの陰謀説を採る本とも受け取れますが、誠実な筆致で問いを解き明かそうとしていきます。
満点の答えは書かれていませんが、すごく正解に近づいている内容で、私には気づきがありました。

「日米安保法体系 > 日本国憲法法体系」というところから、さらに一歩すすんだ記述です。

ネット上でも、第2章(約100ページ)まで読むことができます。
◆書籍「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」(第2章まで)
http://www.shueisha-int.co.jp/pdfdata/0236/nihonhanaze.pdf

◆<今年(2014年)最高の本>に選ばれました!
http://www.shueisha-int.co.jp/blog/?p=10475

++++++++++++++++++++++++++

◎書籍「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」概要(少しだけ)


<原発を動かそうとしている「主犯はだれか、その動機はなにか」という問題について、本書では棚上げにすることをお許しください。>(63ページ)<とりあえず本書では、犯人は「原発の再稼働によって利益を得る勢力全員」と定義しておきたいと思います>(同)


だれが主犯かには、いろいろな説があります。(63ページ)
日本の官僚組織
自民党の政治家
核武装の夢を見続けている自民党右派
電力会社に魚額の融資をしている銀行
国際原子力ムラと呼ばれるエネルギー産業
エネルギー産業の背後にいる国際資本
国際資本の意向を受けたアメリカ政府


◆日本の官僚が忠誠を誓っていたのは、「安保法体系」
「アメリカとの条約群=安保法体系(上位)」  >  「憲法を含む日本の国内法(下位)」(49ページ)
「アメリカ政府(上位)」  >  「日本政府(下位)」(同)

在日米軍のトップたちと、日本のさまざまな省庁から選ばれたエリート官僚たちとが、毎月2回会議をしている。この組織を、「日米合同委員会」という。(50ページ)

(了)
posted by びとう さとし at 19:07| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

【新聞投書の「薄謝」の値段 朝日3000円 毎日新聞2000円】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市議会議員 札幌市議
◎【新聞投書の「薄謝」の値段 朝日3000円 毎日新聞2000円】



(はじめ)
【新聞投書の「薄謝」の値段 朝日3000円 毎日新聞2000円】

新聞投書は、新聞の社説ほどではないけれど読まれていない。
ただ、記録性があり図書館などで保存されることがあり、歴史を振り返る場合には、その時代を知るよすが・助けにもなる。
たとえば、明治期の新聞投書を大学院の卒論にした知り合いがいる。

なので、新聞投書は重要である。
ただ、「歳時記の年中行事的なことがありました。よかったです。チャンチャン」みたいな投書が散見される。
地方紙の多くがそうだ。北海道新聞もそうだ。原発問題などでは、当初の多さからか原発反対の投書も最近は見るようになったが。

つまらぬ前置きが長くなったが…。

新聞社の謝礼(薄謝)の値段で私が知っているのは、4紙。

朝日新聞 3000円(1980年代の学生のときに載ったときは1000円か2000円だった)
毎日新聞 2000円

福島民報 500円

高知新聞 500円

今はなくなったが、北海道新聞にかつて「私の発言」という読者投稿欄(700字くらい)があり、2度載った。
最初が  1万5000円
2度目が   7000円

たぶん、投書の数があまりに少なくて、止めてしまったものと思われる。

(おわり)


※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、コメント欄あるいは下記メールアドレスにてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。

posted by びとう さとし at 04:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

【STVの巻山晃さん アナウンサー50周年】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市議会議員 札幌市議
◎【STVの巻山晃さん アナウンサー50周年】

FBページ「札幌ピープル531(北区)」
https://www.facebook.com/sapporo.people531.north

(はじめ)
STVラジオを聴いていたら、巻山晃さんのアナウンサー生活50周年を記念したバスツアー開催のお知らせ(CM)が流れた。(詳細はSTVラジオのHPに載っています)

50年もの長きにわたって、ひとつの道を歩むというのは素晴らしいことだと思う。

巻山さんは、わが阪神タイガースファンであるらしい。

STVの「パーソナリティ」紹介のページを見ると、東京生まれだが、幌北小学校に転校後、北辰中学校、札幌北高校とずっと札幌市北区で育った方のようだ。

巻山さん50周年のバスツアーは、1泊2日で定山渓に宿泊する。
「じょーざんじゃないよ!」と得意のだじゃれがツアー名に組み込まれている。

これからも末長くラジオから流れてほしい巻山さんの声である。

◆STV>STVラジオパーソナリティ「巻山晃(さん)」
http://www.stv.ne.jp/radio/personality/profile/index.html?idno=20070621142058

(おわり)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。


posted by びとう さとし at 22:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

骨太の「週刊BS-TBS 報道部」検証「そして、メディアは日本を戦争に導いた」


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市議会議員 札幌市議
◎骨太の「週刊BS-TBS 報道部」検証「そして、メディアは日本を戦争に導いた」


(はじめ)

「週刊BS-TBS 報道部」という番組に、半藤一利さん(作家)、保阪正康さん(ノンフィクション作家)の2人が出演して、検証「そして、メディアは日本を戦争に導いた」という特集を組んでいた。

骨太の内容で、過去を振り返り、現在・未来に視野を広げている。
麻生太郎さんのナチスのように(改憲を)進めればいいという発言や、集団的自衛権や特定秘密保護法を念頭に置いた内容だった。

歯ごたえが十分すぎて、ちょっと難しいというか高度すぎるような気がした。
徳富蘇峰・桐生悠悠・石橋湛山の3人の名を知っている現代日本人は少数派な気がする。

大学の卒論は新聞について書いたので、メディアと戦争のかかわりは知っているつもりだったが、総合雑誌が4誌に統合されていたなんてことは考えが及ばなかった。

こういう番組は、歴史的な意義も大きいので、NHKのアーカイブス(資料庫)のように、国民が再度見ることができるようにする仕組みはできないものか。
再放送してほしい番組だ。

半藤さんと保阪さんは、昨年10月に共著を出している。その題名が、「そして、メディアは日本を戦争に導いた」(東洋経済新報社)。
私は未読ですが、読みたくなりました。

◆東洋経済新報社>書籍「そして、メディアは日本を戦争に導いた」
http://store.toyokeizai.net/books/9784492061916/


保阪さんが番組の中で、私たち2人は「保守派」と自認していた。実際そうだと思う。
半藤さんは、60年安保だったかのときに「半藤勢力」(反動)とよばれたものですと違う機会にラジオで語っていたのを聴いたことがあるくらいだ。

しかし、共著の題名を確認するためにネットで両氏の名前を併せて検索すると、
<歴史家の半藤一利、保阪正康って反日左翼ですか? - Yahoo ...detail.chiebukuro.yahoo.co.jp#:#http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1042721110

こんなのがひっかかってくる。
ネットの危うさを感じる。

ネットの希望もひっかかった。澤藤統一郎さんという方のブログに、「岩手日報」に載った半藤さんの論稿と「毎日新聞」に載った保阪さんの論稿を紹介する「半藤一利・保阪正康両氏の危機感を真剣に受けとめよう」。

◆ブログ「澤藤統一郎の憲法日記」
トップページ http://article9.jp/wordpress/
当該ページ  http://article9.jp/wordpress/?p=2629

半藤・保阪両氏の危機感は、村上誠一郎衆議院議員(愛媛2区選出)の危機感と同類のものだろう。自民党議員としてただ1人特定秘密保護法等集団的自衛権に反対した「選良」である。

(おわり)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。

posted by びとう さとし at 23:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする