2014年02月11日

大都市では市議と市民は縁遠い 議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その10】


北海道札幌市 ブログランキングへ


北海道 ブログランキングへ
札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎大都市では市議と市民は縁遠い 議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その10】

 

<はっきりと形が見える政策を提案する前に、札幌市会議員(自治体議員)の姿勢にかんすることで、私には3つ実現させたいことがあります。

まず、議員報酬の減額。現在、月額報酬は86万円。このほか一時金(ボーナス)もあります。私は、半分の43万円にすることを提案します。条例が改正されない場合には、私は供託の制度を使って、半分の額を法務局に預けて使わないつもりです。

つぎに、議会報告会の実施です。おそらく各議員は支援者に対しては、議会報告会を開催しているかと思います。
私は、組織に頼らない一人ひとりの市民に密着した議員活動をしたいと思いますので、あらゆる市民や市民以外でも関心のある人を対象にした議会報告会を、年に4回、北区内で5地域で計20回は開催したいと思います。>

◆【札幌市議選 北区・瀬踏み集その1】
⇒ http://satoshi531mt.seesaa.net/article/386630646.html

最初の提案は、期末手当を含む年間の議員報酬1400万円を半分の700万円にしようということです。



ふたつめは、議会報告会についてです。
小さな町村と違い190万を超える人口をもつ都市札幌では、市会議員と直接に親交のある人は少ないと思われます。
札幌市議会の動きなどは、新聞やテレビ・ラジオや、広報さっぽろ、さっぽろ市議会だよりなどから情報に触れる機会が多いのではと思います。

市民が情報を取りに行くことも大切ですが、市議の側から進んで市議会の説明や報告があるのが望ましい姿です。

私は特定の組織の人間ではないので、あらゆる人に対して必要な情報を届けることができます。しがらみはありません。

札幌市議会は、年に4回の定例会があります。
定例会ごとに、だれもが参加できる議会報告会を開きたいです。

札幌は道央圏の中心都市ですから、小樽や江別・千歳・恵庭・北広島・石狩など近隣の自治体住民にも札幌のことに関心を持っている人もいます。
市域を越えた問題もあります。たとえば、小樽市銭函の風力発電所の問題は、札幌や石狩の住民にも切実な問題です。
また道外にも、札幌のファンは多くいます。そういう人たちをも対象にした議会報告会です。

議会報告会の模様をインターネット上でも確認できるようにする。DVDなどに収録してネットを利用しない人にも伝える。
カメラで撮ると、言いたいこと・聞きたいことが言えない人もいるでしょうから、カメラを入れる場合と、入れない場合の2つのパターンが必要になると思います。

続きます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。 <(_ _)>

(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。



posted by びとう さとし at 09:22| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

ていねいな説明で私にもわかった期末手当の計算式【札幌市議選 北区・瀬踏み集その9】


北海道札幌市 ブログランキングへ


北海道 ブログランキングへ
札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎ていねいな説明で私にもわかった期末手当の計算式【札幌市議選 北区・瀬踏み集その9】

 
<【札幌市議選 北区・瀬踏み集その2】 期末手当の計算がわからない>
<札幌市議の期末手当は367万8650円【札幌市議選 北区・瀬踏み集その3】>
の続き。補足です。

札幌市議会事務局総務課さんから、色分けしたていねいな説明をメールでいただき、期末手当の計算式が私にもわかりました。
北海道議会事務局にも念のため、計算が合っているか問い合わせていたのですけど、<お見込みのとおりでございます。>と役人用語で「合っているよ」と返信メールが届きました。
どちらの議会事務局もありがとうございます。感謝。

さて。
結論からすると、札幌市議会議員の期末手当は、<瀬踏み集その3>で計算した北海道議会議員と同じ計算式です。

月額議員報酬×1・45×(夏140/100 + 冬155/100)=4・2775(か月)

札幌市と北海道庁が偶然同じ4・2775(か月)になるわけはありませんから、札幌市と北海道庁で一緒に揃えているのでしょうか。

――ちなみに、静岡県浜松市の資料(2005年4月1日現在)によると、すべての政令指定都市が同じ月数なわけでもなく、2005年当時の札幌市の月数(傾斜配分)は、4・785か月。同時期の高いところでは横浜市・仙台市など9市が5・280か月、低いところでは新潟市の3・960か月とばらつきがあります。――


<札幌市議会議員の期末手当>
86万円×4・2775=367万8,650円

<道議会議員の期末手当>
90万円×4・2775=384万9750円

北海道議会議員のえげつないのは、計算式にはいま(現行)の議員報酬85万円を使わずに、90万円と割り引く前の高い方を使っているところ。



札幌市の条例の条文がまどろっこしいというか、わざわざ難しく読みづらいと弊害があります。まず、無意味にわかりづらいと事務量が増えます。
2つ目には、市民への透明性の徹底という視点からも大きな問題です。

論理や考え方の難しさなら仕方がありませんが、たんなるわずらわしさだけのことなら条例の条文を書き直して整理するのが良いと思います。

少なくともいえるのは、
札幌市の議員報酬の条文は、北海道や小樽市に比べて、条文が下手くそだということです。

もっと論理的にわかりやすい条文に、議員が変えるべきでしょう。
議員は英語で言うと、「ローメーカー」(law maker)です。
「法律(自治体でいえば条例)をつくる人」です。

議員がやるべきことは、大雪だった去年の雪堆せき場くらい山のようにあります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。 <(_ _)>
(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。

posted by びとう さとし at 10:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋市の議員報酬800万円 今後も継続となるのか【札幌市議選 北区・瀬踏み集その8】


北海道札幌市 ブログランキングへ


北海道 ブログランキングへ
札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎名古屋市の議員報酬800万円 今後も継続となるのか【札幌市議選 北区・瀬踏み集その8】

 

民主党の衆議院議員だった河村たかしさんは2009年に名古屋市長になりました。

主な公約は
「市民税10%減税」「地域委員会(ボランティアによる地域の議会)への地域の予算権限を渡す」「職員の総人件費10%減」などです。

ウィキペディアによると、
2009年当初の市長選での市長のマニフェストでは議員報酬は1割削減となっていた。市長就任後に、それを報酬半減と変更したことが議会側の反発を招いた一つの理由。市長には、議員はボランティアで行うべきという持論があり、当初からマニフェストに半減案を入れる考えもあったが、ようやく支持を取り付けた民主党市議団の了解を得られないため1割削減としていた。

<名古屋・河村市政の流れ>
2009年4月26日 河村たかしさんが名古屋市長に初当選。
2010年11月   河村さんが主導した市議会リコールの署名数が法定数を下回ったとして、名古屋市長を引責辞任し、再出馬することを表明。
2011年2月6日  河村さんが名古屋市長に再選。
2011年3月13日 名古屋市会選挙。「減税日本」は定数75人に対し、41人を擁立し、第1党(28議席)を獲得した。

2011年4月28日 「名古屋市議会の議員の議員報酬の特例に関する条例」が成立。5月1日施行。
内容は、議長・副議長・議員とも銀報酬は月額、当分の間、50万円にする。期末手当は、6月・12月とも100万円とする。
50万円×12か月 + 100万円×2回=800万円 

2013年4月21日 河村さんが名古屋市長に3選。

名古屋市議会は2013年9月27日に、4月の市長選で河村市長の公約だった市議報酬と市長給与を800万円に減らすこと恒久化する条例案を否決した。反対したのは自民・公明・民主と、減税日本から離れた新政会など。賛成したのは減税日本・共産など。
順調とは言えないようです。



朝日新聞の2013年11月5日配信の「年800万円、市議やりくり 名古屋、続く報酬半減」では、自民と公明の市議は苦しいと言い、減税日本の市議は大丈夫なようです。
明細を見せての踏み込んだ記事でないので、判断するには何とも言えません。

減税日本の近藤徳久市議には「切り詰める」と発想があります。
金銭の切り詰めであって、政策の切り詰めではないと思います。
地元では車でなく、自転車を利用して、「スーツじゃなければジャージーで」と切り詰めています。おしらせも直接届けて回れば「有権者に話も聞ける」と言います。

苦しいという公明党の市議は、家族と共有の自家用車の他に、活動用のリース車をもっていました。市議に必要なのか。

(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。

posted by びとう さとし at 10:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

札幌市議の議員報酬1400万円は高すぎる!【札幌市議選 北区・瀬踏み集その7】


北海道札幌市 ブログランキングへ


北海道 ブログランキングへ
札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎札幌市議の議員報酬1400万円は高すぎる!【札幌市議選 北区・瀬踏み集その7】

 

札幌市議会議員の議員報酬は、高いのか安いのか適正なのか。

「家計調査報告」によると、札幌市の勤労者世帯の年間の収入は、620万円0,460円です。
札幌市議会議員の年間の支給額(期末手当含む。政務活動費含まず)は、1399万8,650円です。

620万円と1400万円。この二つの数字をどう見るか。

札幌市民の代表である札幌市議会議員は「特権階級」の位置にあるのではなく、市民の代表として市民の目線と同じ目線から、札幌市の行政を監視する役割を担っています。

専門職としての市議としての仕事にあたっているとしても、議員報酬1400万円の支給は高すぎると私は思います。
1400万円の半分の700万円で十分でないでしょうか。

1月20日(月)付朝日新聞の「私の視点」に載った弁護士の棗一郎(なつめ・いちろう)さんの投稿記事「派遣法の改正案 不安定雇用、拡大の恐れ」によると、<派遣労働者の平均年収は300万円未満の人が8割近く、200万円未満の人も約7割に上る。>とあります。

厚生労働省HPの「非正規雇用の現状はどうなっているの?」によると、<非正規雇用は労働者全体の3分の1を超え、過去最高の水準>で、2012年の数字によると、正規雇用3,340万人に対して、非正規雇用は1,813万人と、労働者全体の35・2%となっています。

財務大臣だった塩川正十郎さんが特別会計を揶揄した言葉「母屋(札幌市民)でおかゆをすすっているときに、離れ(札幌市議)ですき焼きを食べている」のようになっていないか。

「家計調査」の札幌市の勤労者世帯の平均年収620万円の数字は同種の調査では高めに出ている数字です。
勤労者全体の分布は、均等に広がっているのではなく、平均値以下に多くまとまって分布しています。ですから、多くの人の実感としては、平均が620万円もあるのかなということになります。真ん中にいる人の位置(中央値)は、平均より下にあります。

札幌市議が、一生懸命に働いていたとしても、札幌市議の議員報酬は現行の1400万円の半分の700万円で十分だというのが私の結論です。

2つの問題が残ります。
「第2の議員報酬」になっていると言われる政務活動費(政務調査費)。札幌市議会では月額40万円の支給です。
もう一つは、議員活動にお金がかかるという議員もいます。必要経費は何にどう使われているのか(選挙運動用の性質がない活動)。

次回は、名古屋市議会の事例を見たいと思います。「減税日本」という地域政党があり、その名古屋市議団「減税日本ナゴヤ」は議員報酬を800万円にすると打ち出した後、どうなっているのか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。 <(_ _)>

◆厚生労働省HP>「非正規雇用の現状はどうなっているの?」
⇒ http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/genjou/

(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。


posted by びとう さとし at 12:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

札幌市の勤労者世帯の年間収入は620万円【札幌市議選 北区・瀬踏み集その6】


北海道札幌市 ブログランキングへ


北海道 ブログランキングへ
札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎札幌市の勤労者世帯の年間収入は620万円【札幌市議選 北区・瀬踏み集その6】

 

札幌市議会議員の議員報酬は、高いのか安いのか適正なのか。

議員としての仕事ぶりに見合った議員報酬額かということ。
市民の収入・所得と比較してどうなのかというのも議員報酬を考えるうえで、重要な要素になります。

収入と所得は混同されがちです。収入から経費を引いたのが所得です。
サラリーマン世帯で育つと、給与が天引きのため、収入と所得の違いにピンとこないこともあるように思います。
農業・自営業などの産業の過程で育つと、収入の半分以上が経費になることもあり、収入と所得の区別がわかりやすいのではと思います。

収入−必要経費=所得



札幌市統計書の第9章「物価及び生計費」には、『家計調査』と『全国消費実態調査』が載っています。

家計調査の2012年の実収入の月平均は51万6,705円(前年47万9,141円)。12倍して年換算すると、620万0,460円(574万9,692円)。
これは「勤労者世帯1世帯当たり1か月の収入と支出」の調査です。

次に、5年に1度調査する『全国消費実態調査』の最新2009年の調査では、実収入は43万3,359円。12倍して年換算すると、520万0,308円。
別に「年間収入」という項目もあり、そちらには621万4千円とあります。
実収入と年間収入には、約100万円の開きがあります。この開きは何なのか。わかりません。不動産や証券などの凍死による収入ってことでしょうか。宿題として残ります。

こちらは、札幌市に限らず全国での数字ですが、厚生労働省の『国民生活基礎調査』(2010年)によえうろ、全国の1世帯当たりの平均所得金額は年間548万2千円です。

あと、札幌市人事委員会、人事院。北海道人事委員会などが調査する、札幌市内の民間事業所の給与等の実態調査があります。2012年は5月から6月にかけて、企業規模50人以上で、かつ事業所規模50人以上の民間事業所744事業所を対象に調査しています。
企業別、職種別、学歴別の給与月額の調査です。

収入をいくつかの調査があって、一長一短があって数字に幅がありますが、毎月調査のある家計調査の数字を採用します。



家計調査報告によると、札幌市の勤労者世帯の1か月の収入は、620万円0,460円です。

札幌市議会議員の年間の支給額(政務活動費含まず)は、1399万8,650円です。

620万円と1400万円。この二つの数字をどう見るか。

続きます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。 <(_ _)>

◆札幌市HP>「さっぽろ統計情報」
⇒ http://www.city.sapporo.jp/toukei/index.html

◆財務省HP>財務総合政策研究所>「家計の世帯分布:『全国消費実態調査』『家計調査』『国民生活基礎調査』の比較」
⇒ http://www.mof.go.jp/pri/research/discussion_paper/ron252.pdf

(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。

posted by びとう さとし at 12:44| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。