2014年02月19日

映像やパワポでも確認できる北九州市の議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その15】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎映像やパワポでも確認できる北九州市の議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その15】

 

札幌市と同じ政令指定都市である福岡県北九州市の議会報告会をみます。

北九州市は7区あり、人口は約96万7千人です。

北九州の議会報告会は、2011年11月が最初です。それ以降5月と11月に年2回それぞれ3か所で開催しています。
参加する市民は、最大で100人(第2回)、第3回以降は30〜50人で推移しています。

北九州市HPでは、議会報告会で配布した資料(パワーポイント)が公開されているほか、2013年の第4回からは映像(動画サイト)でも議会報告会の情報があり、あとから市民が確認することができます。
議員報告会の核心である質疑応答を実際にも映像でも見てないまでも、情報公開の透明性の観点からはすぐれた北九州市議会て取り組みだと思います。

◆北九州市HP>「第5回議会報告会の開催結果(平成25年11月)」
⇒ http://www.city.kitakyushu.lg.jp/sigikai/g0200028.html
◆同市HP>「第5回議会報告会」のパワーポイントによる説明
⇒ http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000158741.pdf

2013年11月の第5回議会報告会では、「平成24年度(2012年度)決算」について説明しています。
ただ、閲覧回数は少なく私の見ている時点で「決算概要及び審査報告」については、「23回再生」と市民の関心は低い。
会場(若松区の若松市民会館。参加者約50人)も空席が目立ち、7〜8割くらいは空席。
地道に魅力ある議会説明会にしていく必要が議会にはあるようです。

会場では手話通訳があるほか、文字翻訳の画面モニターも設置されています。(せっかく手話通訳者がいるのに、映像の枠の中に入れていないのはもったいない)

北九州市議会の決算特別委員会は3つの分科会に分かれていて、3分科会からの審査報告が映像でみることができます。それぞれの説明は10分強の時間です。
(札幌市議会では、決算特別委員会は第一部・第二部の2つに分かれています。常任委員会数は両市とも6つ)

第1分科会では、空き家対策、地元Jリーグチーム「ギラヴァンツ北九州」の支援と新球技場建設、LED街路灯など、生活に密着した話題を含めての報告がありました。
ほかの分科会では敬老祝金、ゴミ出しマナーのルール化、生活保護行政、クルーズ客船の誘致、子どもの学力向上など幾つかに絞って説明がされています。

議会報告会の肝は、質疑応答にあると思いますが、北九州市ではそこまでの情報公開にはまだ至っていません。文字情報として提供しています。

◆北九州市HP>「議会報告会での質疑・意見及びその回答」
⇒ http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000158739.pdf


(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。



posted by びとう さとし at 09:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

パワーポインタを使ったわかりやすい資料 栗山町の議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その14】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎パワーポインタを使ったわかりやすい資料 栗山町の議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その14】

 

栗山町の議会報告会の続きです。

◆栗山町HP>栗山町議会
⇒ http://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/gikai/index.html

栗山町では議会報告会について、
<議会が住民に信頼され民主的なまちづくりを実現し、効率的な行財政運営を図るには議会と町民との連携が重要です。>
と掲げています。

議会と住民との信頼関係。民主的な町づくり。効率的な行財政運絵には、議か地町民との連携ができる議会報告会が重要との位置づけです。

<議員が地域に出向き、直接、町民に対して政策提言や常任・特別委員会など議会活動の状況を町民に報告・説明し、町政に関する情報を提供するとともに、議会活動に対する批判や意見、町政に対する提言などを聴く貴重な機会であると位置付け>ている。

8年目の2012年からの議会報告会では、資料の冊子を配布して説明している。
2013年の資料を見ると、18ページにわたって新年度予算の主要施策・目玉事業や予算の概要などが載っています。
要点を押さえた説明が載っています。

資料編には、町税等の未収金や、議会の開催日数や一般会計予算bに占める議会予算の割合が近隣町村との比較として載っています。

議員定数と議員報酬についても、近隣自治体や道内類似町の飯高町・斜里町・美瑛町との比較で資料を載せています。

栗山町は議員定数13人。月額議員報酬19万9600円。期末手当は月額報酬×3・90月分×1・15ですので年間87万9060円。
栗山町議会議員の年間支給額は議員報酬と期末手当を合わせて、323万1060円です。
栗山町では政務活動費は議員1人当たり年間9万6000円が支給されます。

中学校の統合や、栗山赤十字病院の状況など具体的な事業への説明のほか、町の行財政改革プランの進み具合が、固定資産税など町税の改定、保育所所の民営化、ごみ処理手数料の30%値上げ具体的な方策などと紹介されています。

住民からの議会や庁に対する意見や要望は、前回条文の取りまとめによると、議会報告会が始まった当初より少なくなっている。
議会報告会の制度が定着してきているからなのか。

全議員が3班に分かれて資料を持って説明にあたるという姿勢は、他の自治体にも参考になる取り組みだと思う。

193万人を超える札幌市では、人口規模からそのまま取り入れられない部分もあるかもしれない。

※HPの本来2012年のところに2013年の資料がリンクされていて確認できない。

次回も他自治体の議会報告会を見ます。
最後まで、お読みいただきありがとうございます。<(_ _)>

(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。

posted by びとう さとし at 09:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

栗山町は3月定例会に合わせ12か所で議会報告会を行う【札幌市議選 北区・瀬踏み集その13】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎栗山町は3月定例会に合わせ12か所で議会報告会を行う【札幌市議選 北区・瀬踏み集その13】

 

栗山町の議会報告会を見ます。
空知管内にある栗山町の人口は1万3千人強。札幌までは車で1時間かからない距離にあります。町HPには「札幌、千歳空港まで約40km、車で約40分。」とあります。

2006年5月にに日本で初の議会基本条例を制定・施行した栗山町は、議会報告会を新年度の定例会の前後に、町内の12か所で議会報告会を実施いているようです。

今年の場合は、2月17日(月)から2月21(金)の週に4日、1日3か所(開場)の計12会場で開きます。
栗山町の議員定数は13人(現在欠員1)と議長を除いたすべての議員11人が3つの班に分かれて、議会報告会にあたるようです。

1月に臨時会があり、3月3日(月)から始まる20日(木)の日程で始まる2014年第2回定例会に向けた議会報告会になるのでしょうか。

2005年から始めた議会報告は、3月下旬から4月初めにかけて開催することが多かったようです。2010年は2月15日からの開催で、今年の同じく、定例会が始まる前の議会報告会となっているようです。
今年を入れて10回の議員報告会は、定例会前の開催が2回、定例会後の開催が8回と区分けできます。

新年度予算時期以外にも、市町村合併問題や、総合計画、地道法ン条例などときどきの議題についても説明の場として議会報告会が開かれています。
実際に、参加して様子を舐めでみないことにはわからないことも多いですが、栗山町が住民参加の重要性を認めて、住民との交流を通じて議会機能を高めようとする姿勢は伝わってきます。
基本条例の制定のきっかけは、この報告会を継続して実施し、条例に明記すべきとの町民の意見がきっかけになっていると言います。

住民の参加者は、12会場で最初の370人を覗くと200人から300人程度で推移しています。
2008年12月の市町村合併についての議会報告会では関心が高かったと見えて、5会場で379人の参加がありました。

情報公開もしっかりしていて、2005年からの議会報告会の様子がわかるように、議会に対する意見・要望、町に対する意見・要望など行政と議会の「見える化」ができている点で素晴らしいと思います。

2012年からの資料には、前年までなかった「報告会資料」があり、より住民にわかりやすい説明を工夫しているようです。

次回は、最初の2005年の議会報告会と最新の2013年の資料を拝見しようと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。 <(_ _)>

(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。

posted by びとう さとし at 09:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

きょうはちょっとだけ 議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その12】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎きょうはちょっとだけ 議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その12】

 

議員報告(会)の続きです。

個別の札幌市議さんのホームページを参考に研究させてもらおうと思います。
もっとも、核となる支援者はホームページによらずに、市議から直接に情報交換をしているでしょうが、多くの市民は市議には縁遠いので、ホームページによる情報は貴重です。
(これについては近いうちに、民主党や共産党を事例に党員数と得票数を見て、「国民政党」がない日本の有権者が、孤立化している点を見てみたいと思います)



議会報告会で見ていきたいのは、議会全体としての議会報告会の取り組みについてです。

札幌市議会では、議会としては議会の説明を市民に提供する場を設けていません。
空知の栗山町などでは、議会全体として町民への説明の場を設けています。

私の住む小樽市でも、昨年2013年(本年度)から同様の取り組みを始めています。

きょうは、短いですけど。おしまいです。
次回は、栗山町の取り組みについて、見てみたいと思います。

(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。


posted by びとう さとし at 08:55| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

まちづくりセンターを利用して行いたい【札幌市議選 北区・瀬踏み集その11】


北海道札幌市 ブログランキングへ


北海道 ブログランキングへ
札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎まちづくりセンターを利用して行いたい【札幌市議選 北区・瀬踏み集その11】

 

議員報告会の続きです。

日本国憲法の第15条の条文に
<すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。>
という部分があります。

札幌市議におきかえてみれば、選ばれた区だけでなく札幌市全体を考えた議員活動が求められます。しっかり踏まえなくてはいけない重要なことだと思います。

とはいえ、議員報告会は選出された区での開催が中心に考えています。

現在、札幌市議会は定例会を年に4回開催しています。その定例会が終わった後に、地域の人口分布などを考えに入れて、北区内の5地域か6地域で開こうと思います。計20回か25回。

議会には、定例会のほかに臨時議会があります。その場合には、内容の重要度を判断して、議会報告会が必要になるかもしれません。

議会報告会の会場は、各地区のまちづくりセンターを利用して行いたいです。

札幌市北区には、
鉄西まちづくりセンター
幌北まちづくりセンター
北まちづくりセンター(北29西7)
新川まちづくりセンター
新琴似まちづくりセンター
新琴似西まちづくりセンター
屯田まちづくりセンター
麻生まちづくりセンター
太平百合が原まちづくりセンター
拓北・あいの里まちづくりセンター
篠路まちづくりセンター(篠路出張所)
――と、11のまちづくりセンターがあるようです。

議会報告会だけでなく、日ごろの市民の声を聴く場も必要だと思います。
議会が始まる前にこそ、説明が必要なこともあります。
そういう場をどの程度の割合で開いたらいいのか今はまとまらないので、整理ができたらまた書いてみたいと思います。
(「口利き」をする場ではありません)



議会報告や議員活動の報告の方法として、いわゆる「辻立ち」があります。
辻立ちという、地下鉄の出入り口のそば立って演説するのは、票を獲得するのには有効かもしれません。
が、じっくり考えてみると、道行く通勤・通学に向けてしゃべっているのですから、十数秒ほどの短い言葉の羅列で終わっているにすぎないという見方もできます。
その場に10分も立って聞いてくれる人はほぼいないと考えていいでしょう。

大通公園で演説する場合には、じっくり聞いてくれる人もいるでしょうが、辻立ちには、そういう「まやかし」があります。

辻立ちは、仕方によっては、良くも悪くもなりえます。辻立ちには、注意が必要です。

次回は、議会としての議会報告会(栗山町・小樽市)についてです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。 <(_ _)>


(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。

posted by びとう さとし at 12:24| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。