2008年05月08日

使途限定の補助金からヒモなしの交付金へ変換 大阪の橋下知事

大阪府の橋下徹(はしもと・とおる)知事は7日の記者会見で、来年度以降、具体的な使途を限定しないで市町村に交付金を配分する制度に改めていく意向なのを表明した。朝日新聞が伝えています。

「ヒモつき」のお金であるか、ないかで全然違ってきます。ひも付きのお金がなくなれば、地方分権は劇的に進むと思われます。
もし、ひも付きのお金がなければ、まだまだ強力な、今のような中央集権は壊れていくはずです。

橋本知事の発言は、とても重要な発言だと思います。

大阪府知事の記者会見は、動画でも見られますので、ホームページが更新されたら、見ようと思います。

(了)



posted by びとう さとし at 00:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。