2008年03月27日

「袴田事件」再審認めず 最高裁が抗告を棄却 発生から40年超

1966年に一家4人が殺害された「袴田事件」で、強盗殺人などの罪で死刑が確定した死刑囚袴田巌さん(72歳)の再審請求について、最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は3月24日付けで、弁護側の特別抗告を棄却する決定をした。再審の扉は開かなかった。
弁護側は第2次再審請求をする方針。

袴田さんは、逮捕後に自供したものの、裁判では一貫して無罪を主張した。一審の静岡地裁は、45通の自白調書のうち44通を違法な取り調べによると認定し証拠から排除したが1968年9月に死刑判決。1980年11月に最高裁が上告を棄却し死刑が確定した。

起訴から1年後に発見された(1審公判中)5点の衣類のうちのズボンを、袴田さんが公判ではけなかったことについては、ズボンが乾燥し収縮したため、とした。
弁護側は再審請求に際して、5点の衣類は捜査機関の捏造(ねつぞう)と手中したが、小法廷は退けた。

「袴田事件」では、一審の裁判長を務め死刑判決を書いた元裁判官の熊本典道さんが、2007年3月に「無罪の心証があった」と公表し、袴田さんの再審を支援している。


◆参考
袴田巌さんの再審を求める会
http://hakamadajiken.hp.infoseek.co.jp/
(了)

posted by びとう さとし at 00:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 司法・裁判・冤罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

相棒 袴田事件関連話題!
Excerpt: まだ間に合う!大切な日のためのダイエットに『Bella』!【話題の注目NEW情報!】にようこそいろんな話題にアンテナ張ってガンガン更新していきます!旬の情報チェックにお役立てくださいね。まずは新着チェ..
Weblog: 話題の注目NEW情報!
Tracked: 2008-03-27 03:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。