2015年03月25日

【国際法上、「自衛隊=軍隊」なので、極右アベ首相による「わが軍」発言はおかしくない】


安部晋三首相が国会で、自衛隊を「わが軍」と呼んだことが、さも問題があるように報じられている。

朝日新聞には、<政府の公式見解では、自衛隊を「通常の観念で考えられる軍隊とは異なる」としている。>と記述があった。

でも、自衛隊は国際法上は軍隊とされている。日本政府の公式見解が間違っている。 
自衛隊が軍隊でないなんて、日本国内だけでしか通用しない。

日本国憲法と自衛隊の存在が矛盾しているのを、取りつくろうために政府の公式見解があるだけ。

「砂川事件」の1審判決などのように、「自衛隊は、憲法違反(違憲)である」。
それをアメリカ政府の都合で、合憲となっている。

なので、安倍首相が自衛隊を「わが軍」と、軍隊と発言しても、驚くにあたらない。
(「わが」の部分については、英国では自国軍を「わが軍」と呼ばずに英国軍と客観的に呼ぶという注意すべきことがあります。問題があるとしたら「わが」の部分だろう)

守旧派サヨクが、我田引水して「自衛隊は軍隊ではない」というのは、客観的に世界を見ていないに過ぎない。

そんなことを言っていては、日本社会はいつまでもアメリカ政府(在日米軍)の意向のままで、「安保法体系」から抜け出せず、沖縄や福島などで苦しむ、わが同胞をいつまでたっても救えない。

自衛隊は軍隊。

(了)


posted by びとう さとし at 13:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治★全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。