2014年08月31日

【新聞投書の「薄謝」の値段 朝日3000円 毎日新聞2000円】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市議会議員 札幌市議
◎【新聞投書の「薄謝」の値段 朝日3000円 毎日新聞2000円】



(はじめ)
【新聞投書の「薄謝」の値段 朝日3000円 毎日新聞2000円】

新聞投書は、新聞の社説ほどではないけれど読まれていない。
ただ、記録性があり図書館などで保存されることがあり、歴史を振り返る場合には、その時代を知るよすが・助けにもなる。
たとえば、明治期の新聞投書を大学院の卒論にした知り合いがいる。

なので、新聞投書は重要である。
ただ、「歳時記の年中行事的なことがありました。よかったです。チャンチャン」みたいな投書が散見される。
地方紙の多くがそうだ。北海道新聞もそうだ。原発問題などでは、当初の多さからか原発反対の投書も最近は見るようになったが。

つまらぬ前置きが長くなったが…。

新聞社の謝礼(薄謝)の値段で私が知っているのは、4紙。

朝日新聞 3000円(1980年代の学生のときに載ったときは1000円か2000円だった)
毎日新聞 2000円

福島民報 500円

高知新聞 500円

今はなくなったが、北海道新聞にかつて「私の発言」という読者投稿欄(700字くらい)があり、2度載った。
最初が  1万5000円
2度目が   7000円

たぶん、投書の数があまりに少なくて、止めてしまったものと思われる。

(おわり)


※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、コメント欄あるいは下記メールアドレスにてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。



posted by びとう さとし at 04:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。