2014年02月26日

米国シカゴ市議会では各議員席にマイクがある【札幌市議選 北区・瀬踏み集その18】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎米国シカゴ市議会では各議員席にマイクがある【札幌市議選 北区・瀬踏み集その18】

 

札幌市議会の代表質問はインターネットで中継録画を見ることができる。
今回の代表委質問は19日(水)から21日(金)にかけて行われた。
25日現在、初日の19日分だけが公開されているので、土日を除くと4日目の公開となっている。

少し見てみたのだけれども原稿を棒読みしているだけで、聞く者に伝わってくるのもがない。かなり読みをとちりながらの原稿読みで、発している言葉と議員の考えが一致しているのかよくわからない。

30分も1時間も質問しっぱなし、そのあとに30分くらいの長い答弁が続くのは、変更してみるのがいいのではないかと思う。
一問一答方式を採用してみてはと思う。

札幌市議会の第1回定例会で代表質問をした10人のうち、自身のホームページやブログで代表質問について自分なりの言葉で説明しているのは、3人。自民党の1人と、共産党の議員、無所属の議員。(新聞に載ったとだけの記述している1人を除く。ほか6人は説明はいまのところなし)
共産党の議員と、無所属の議員の説明は、市民目線なように思えた。



視点を変えて、海外の市議会を見てみたくなった。
米国のオバマ大統領にゆかりのある町シカゴの市議会の模様を覗いてみた。

◆米国シカゴ市の議会(カウンシル、2月5日開催)Chicago City Council Meeting - February 05, 2014
⇒ http://chicago.granicus.com/MediaPlayer.php?view_id=2&clip_id=304

日本の議会の本会議とはかなり違うスタイルだ。シカゴ市の市議は52人いるようだ。シカゴは米国第3の都市で人口は約270万人。ほぼ大阪市と同じ。
(人口約818万人のニューヨーク市の市議も調べてみたら、51人だった)

そもそも政治の仕組みが違うので、そのまま取り入れることはできないが参考になることも多い。

シカゴ市議会では、ひとりひとりの議員の出欠をとるところから始まる。

それぞれの議員席にはマイクが付いていて、議席にいながらにして発言ができるようになっている。議員は生き生きとして、発言している。
いちいちひな壇に出てきて手間のかかることはしない。
質問する人と答弁する人が決まっているのではなく、ほぼ自由討論に近い。

脱線するが、これは国会でも使えそう。大臣席にそれぞれマイクを設置してしたら、現在の1本のマイクの前に出てくるまで待っている時間がいらなくなる。

私は英語ができないので詳しいことはわからないが、それぞれの議院が自分の言葉で、自分の意見を表明しているのは伝わってくる。

次回は、常任委員会をネット中継している議会を見てみたいと思います。
最後まで、お読みいただきありがとうございます。<(_ _)>
(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。



posted by びとう さとし at 12:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。