2014年02月19日

映像やパワポでも確認できる北九州市の議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その15】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎映像やパワポでも確認できる北九州市の議会報告会【札幌市議選 北区・瀬踏み集その15】

 

札幌市と同じ政令指定都市である福岡県北九州市の議会報告会をみます。

北九州市は7区あり、人口は約96万7千人です。

北九州の議会報告会は、2011年11月が最初です。それ以降5月と11月に年2回それぞれ3か所で開催しています。
参加する市民は、最大で100人(第2回)、第3回以降は30〜50人で推移しています。

北九州市HPでは、議会報告会で配布した資料(パワーポイント)が公開されているほか、2013年の第4回からは映像(動画サイト)でも議会報告会の情報があり、あとから市民が確認することができます。
議員報告会の核心である質疑応答を実際にも映像でも見てないまでも、情報公開の透明性の観点からはすぐれた北九州市議会て取り組みだと思います。

◆北九州市HP>「第5回議会報告会の開催結果(平成25年11月)」
⇒ http://www.city.kitakyushu.lg.jp/sigikai/g0200028.html
◆同市HP>「第5回議会報告会」のパワーポイントによる説明
⇒ http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000158741.pdf

2013年11月の第5回議会報告会では、「平成24年度(2012年度)決算」について説明しています。
ただ、閲覧回数は少なく私の見ている時点で「決算概要及び審査報告」については、「23回再生」と市民の関心は低い。
会場(若松区の若松市民会館。参加者約50人)も空席が目立ち、7〜8割くらいは空席。
地道に魅力ある議会説明会にしていく必要が議会にはあるようです。

会場では手話通訳があるほか、文字翻訳の画面モニターも設置されています。(せっかく手話通訳者がいるのに、映像の枠の中に入れていないのはもったいない)

北九州市議会の決算特別委員会は3つの分科会に分かれていて、3分科会からの審査報告が映像でみることができます。それぞれの説明は10分強の時間です。
(札幌市議会では、決算特別委員会は第一部・第二部の2つに分かれています。常任委員会数は両市とも6つ)

第1分科会では、空き家対策、地元Jリーグチーム「ギラヴァンツ北九州」の支援と新球技場建設、LED街路灯など、生活に密着した話題を含めての報告がありました。
ほかの分科会では敬老祝金、ゴミ出しマナーのルール化、生活保護行政、クルーズ客船の誘致、子どもの学力向上など幾つかに絞って説明がされています。

議会報告会の肝は、質疑応答にあると思いますが、北九州市ではそこまでの情報公開にはまだ至っていません。文字情報として提供しています。

◆北九州市HP>「議会報告会での質疑・意見及びその回答」
⇒ http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000158739.pdf


(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。



posted by びとう さとし at 09:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。