2014年02月14日

栗山町は3月定例会に合わせ12か所で議会報告会を行う【札幌市議選 北区・瀬踏み集その13】


北海道札幌市 ブログランキングへ

札幌市北区 札幌市 北区 札幌市会議員 札幌市議
◎栗山町は3月定例会に合わせ12か所で議会報告会を行う【札幌市議選 北区・瀬踏み集その13】

 

栗山町の議会報告会を見ます。
空知管内にある栗山町の人口は1万3千人強。札幌までは車で1時間かからない距離にあります。町HPには「札幌、千歳空港まで約40km、車で約40分。」とあります。

2006年5月にに日本で初の議会基本条例を制定・施行した栗山町は、議会報告会を新年度の定例会の前後に、町内の12か所で議会報告会を実施いているようです。

今年の場合は、2月17日(月)から2月21(金)の週に4日、1日3か所(開場)の計12会場で開きます。
栗山町の議員定数は13人(現在欠員1)と議長を除いたすべての議員11人が3つの班に分かれて、議会報告会にあたるようです。

1月に臨時会があり、3月3日(月)から始まる20日(木)の日程で始まる2014年第2回定例会に向けた議会報告会になるのでしょうか。

2005年から始めた議会報告は、3月下旬から4月初めにかけて開催することが多かったようです。2010年は2月15日からの開催で、今年の同じく、定例会が始まる前の議会報告会となっているようです。
今年を入れて10回の議員報告会は、定例会前の開催が2回、定例会後の開催が8回と区分けできます。

新年度予算時期以外にも、市町村合併問題や、総合計画、地道法ン条例などときどきの議題についても説明の場として議会報告会が開かれています。
実際に、参加して様子を舐めでみないことにはわからないことも多いですが、栗山町が住民参加の重要性を認めて、住民との交流を通じて議会機能を高めようとする姿勢は伝わってきます。
基本条例の制定のきっかけは、この報告会を継続して実施し、条例に明記すべきとの町民の意見がきっかけになっていると言います。

住民の参加者は、12会場で最初の370人を覗くと200人から300人程度で推移しています。
2008年12月の市町村合併についての議会報告会では関心が高かったと見えて、5会場で379人の参加がありました。

情報公開もしっかりしていて、2005年からの議会報告会の様子がわかるように、議会に対する意見・要望、町に対する意見・要望など行政と議会の「見える化」ができている点で素晴らしいと思います。

2012年からの資料には、前年までなかった「報告会資料」があり、より住民にわかりやすい説明を工夫しているようです。

次回は、最初の2005年の議会報告会と最新の2013年の資料を拝見しようと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。 <(_ _)>

(了)
※記事の事実関係の誤りや誤字脱字などは、下記メールアドレスかコメント欄にてお知らせください。
⇒ bito.satoshi@gmail.com まで。よろしくお願いします。



posted by びとう さとし at 09:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | +札幌市議選 北区 瀬踏み+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。