2013年03月11日

(声)広がれ「被災県の新聞あります」 鳥取県立図書館メルマガ

IMG_0089.JPG

(声)広がれ「被災県の新聞あります」 鳥取県立図書館メルマガ



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  鳥取県立図書館メールマガジン 2013年3月8日【第453号】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 先日の『朝日新聞』の「声」の欄に、当館が東日本大震災の被災地三県の新聞を配置していることについての投書が掲載されていました。投書された方は当館からは遠くにお住まいながら、このメルマガで当館の取組を読んでいらっしゃるとのこと。「私たちの図書館は多くの方々に支えられ、つながっているのだなぁ」と感謝の気持ちでいっぱいになりました。これからも、当館の取組をこのメルマガでお知らせしますのでご購読よろしくお願いします。

朝日新聞デジタル⇒http://www.asahi.com/
記事⇒http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201303020558.html

<(声)広がれ「被災県の新聞あります」
 フリー記者 美藤聡(北海道小樽市 49)
 私は北海道に住んでいますが、遠隔地である鳥取県立図書館のメールマガジンを購読しています。東日本大震災が発生したあと、この図書館のメルマガに「岩手日報、河北新報、福島民報を設置しています」という項目が毎号載るようになりました。
 メルマガを読…>

<追加>
人口が10万人を超えるくらいの自治体には、設置してもらえたらと思います。
図書館に資料のリクエストを直接する以外にも、自治体の広報担当部局に要望するだけでも効果はあると思います。
図書館の資料費(図書購入費)は、残念ながら最初に減らされる部類の予算です。矛盾していそうですが、耳をそば立てて図書館利用者の要望や声を知りたがっている図書館(員)は多いようです。

(了)



posted by びとう さとし at 00:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。