2013年02月12日

北朝鮮なんて米ソに比べりゃ可愛い



北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が、核実験をしました。3回目の核実験となります。

棍棒(こんぼう)を長い時間にわたってたくさんの何本も持っている人が、いま手にした1本しか棍棒を持っていない人が棍棒を使う練習をしたからといって騒ぐのはどうなんだろう。

北朝鮮やイランだと何をしでかすが分からないるから、ゆゆしき問題なのだろうか。
しかも同様の立場にいる国家・イスラエルは批判されない。

米国(アメリカ合州国)やロシア(旧ソビエト連邦)は、この銀河系の第三惑星の地球を何度も破滅させて、人類すべてを何度も殺すだけの核兵器を持っているという。
米国とロシアは、まとも国家だから許されるのだろうか。
冷戦は終わったけれど、敵を造りたがる。

アフリカに勝手に「国境」という直線を引いて、アフリカ人をいじめる。しいたげる。
それで、アルジェリアという国で少し反抗されたら、大げさに騒ぐのと似ている。

インテリ暴力団員幹部の集団が、よってたかって中学生の不良がたばこを吸うのをとがめているように見える。

チェコでの演説で、核廃絶に取り組むと言って多くの人間の賞賛を集めた米国のオバマ大統領は、財政の崖や国民皆保険ばかりでなく、平和のために指導力を発揮してほしい。

そのために日本ができることもあるはず。
カネをばらまくだけが外交ではないはず。物でなく知恵を出す日本外交であってほしい。
安易に勇ましいことを言わずに、冷静かつ的確な外交をしてほしい。



北朝鮮にあまり関心はありませんが、神隠しした日本人は日本に返してもらいたいです。
スーツ・背広に着けている青いバッジが皮肉に見えます。
収束宣言をした野田佳彦さんもつけていた。

最近は、五輪誘致のバッチなのか着けている国会議員がずいぶん目立つ。

(了)


posted by びとう さとし at 23:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和・安全保障・危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。