2012年10月25日

拡散シミュレーションの試算結果 4原発で30キロ越え 泊は最大19・9キロ

拡散シミュレーションの試算結果 4原発で30キロ越え 泊は最大19・9キロ


原子力規制委員会は24日、放射性物質の拡散を試算(シミュレーション)した資料を公表しました。
おおまかすぎるシミュレーションだとの批判も成り立ちますが、今まで何もなかったところから試算したというだけで前進だと肯定的に受け止めたいと思います。

広域避難の目安としようとしている原発からの距離30キロメートルを超えて被害が広がる予測が出たのは、東京電力福島第2原発・東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)・中部電力浜岡原発(静岡県)・関西電力大飯原発(福井県)の4原発。
全国に原発は16か所に存在する。

原子力規制委員会と原子力安全基盤機構が共同で作成したという。東京電力福島第1原発と同程度の事故が起きた場合を想定しての試算。

広域避難の「30キロ」の機銃の根拠は明確ではない。
東京電力福島第1原発(フクイチ)事故では、米国は50マイル以上離れて避難することを自国民に注意喚起した。50マイルは、ほぼ80キロメートル。

泊原発から80キロというと札幌市中心部は圏内に入ってします。
私が住む小樽市銭函は、札幌より泊原発に近くに位置する。
ただし、小樽市全域は「30キロ」以遠なので、広域避難の「再線引き」に該当する135市町村には入らない。
入らないことが、防災対策を施さなくてよいということではない。

泊原発の場合、1週間で被ばく量が100ミリシーベルトに達するのは、19・9キロ。
原子力規制委員会の言うように、「目安」として受けて止めておく必要はある。
ちなみに、泊原発には原子炉が3基あることは再確認しておく。

データをより精度の高いものにしていく必然がある。
原子力規制委員会の定例会議は、週1度の頻度で水曜日開催のようです。

◆参考サイト
原子力規制委員会ホームページ>拡散シミュレーションの試算結果
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/data/0007_05.pdf

同委員会HP>「放射性物質の拡散シミュレーションの試算結果について」(試算結果を読む上での注意事項)
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/data/0007_04.pdf

原子力規制委員会HP
http://www.nsr.go.jp

(了)



posted by びとう さとし at 00:07| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。