2012年09月22日

計画中止になった三重県・芦浜原発のスクラップ記事(1993年)

IMG_8840-2.JPG


原発関連の書籍から、写真のような三重県南島町の芦浜原発に関する新聞の切り抜きが出てきました。14行のベタ記事です。(「93・2・27(A)」は、1993年2月27日付朝刊の朝日新聞を意味します)

芦浜原発計画は、2000年に当時の北川正恭・三重県知事が「白紙に戻すべき」と表明しました。その3年前の1996年に、三重県民81万2335人が原発建設への反対署名の民意を尊重して素直に建設の白紙撤回を受け入れたと言えます。

ところが、2012年9月。
民主党政権の枝野幸男産業相が、全国に9つある計画中の原発の建設を匂わせる発言をきょう21日にしています(⇒別記事にしました)。この枝野タヌキは、またまたとぼけたことを抜かしています。

2000年に三重県ができた判断が、2012年の日本国中央政府ではできないのか。
国民多数の意見である脱原発を無視して、しかも数日前(2012年9月14日)に民主党政権が決めた方針に真っ向から反する発言ができるのか。どの口が言えるのか?

こういう官僚の言いなりの国会議員は、国会から消えてほしい。

◆別記事「枝野タヌキ経産相に脱原発の民意をしっかと伝えよう」
http://satoshi531mt.seesaa.net/article/293581711.html

◆参考サイト
ウィキペディア(百科事典)>「芦浜原子力発電所」のページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%A6%E6%B5%9C%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

(了)



posted by びとう さとし at 00:39| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。