2012年06月23日

「脱原発」株主提案に賛成 浜岡原発(中電)近隣の静岡県牧之原市  関電エリア兵庫県は「脱原発」提案に反対





来週27日にある関西電力の株主総会では、筆頭株主の大阪市などの「脱原発」の株主提案への賛成票がどの程度集まるかも、将来の日本のエネルギー政策へ与える影響が大きい。
大阪市提案が否決されるのは織り込みずみとしても、大株主の企業がどういう態度に出るのか、消費選好という武器を持つ消費者=国民も注視した株主総会です。
なんと兵庫県(井戸敏三知事)は、大阪市・神戸市・京都市などの「脱原発」提案に反対の意向だという。

原発を持つ地域独占電力会社9社は、「護送船団方式」の伝統を守って6月27日に一斉に株主総会を開きます。沖縄電力は翌28日。

東電と関電の株主総会に注目が集まるでしょうけれど、中部電力の株主総会にも注目。
浜岡原発がある御前崎市に隣接する静岡県牧之原市(西原茂樹市長)が、提出されている「脱原発」株主提案に賛成する書面を送付しています。

中日新聞によると、牧之原市は中電株を1193株持っているようです。関電に対する大阪市のような大株主ではありません。
しかし牧之原市の脱原発への意思表示は、原発周辺の基礎自治体(市区町村)の住民を勇気づける働きにもなるし、牧之原という自治体の印象上昇・イメージアップならびに牧之原市ファンを増やすことにもつながります。
牧之原市は、73自治体とやや増えた「脱原発をめざす首長会議」の会員自治体です。


◆参考サイト
牧之原市のホームページ>「お問合わせ・ご意見ご要望など」
https://www.city.makinohara.shizuoka.jp/mailform.html
牧之原市HP>観光ガイド
http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/bg/kanko/

兵庫県のホームページ>広聴室
http://web.pref.hyogo.jp/kocho/index.html

(了)



posted by びとう さとし at 01:18| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。