2012年05月27日

聴きごたえある講演の宝庫【日本記者クラブのHP】 28日は京都・山田知事





日本記者クラブのホームページがすごい。より正確にいうと、ユーチューブ(YouTube、動画サイト)の「日本記者クラブチャンネル」。
聴きごたえのある講演の資料庫(アーカイブス)になっています。会員以外にも、地球上に広く公開されています。
講演の動画を見る時間がなくとも、講演者が用意した講演概要の資料を見ることができます。
(原発事故を含む大震災については、シリーズ企画「3・11大震災」でカギを握る人物の講演が頻繁に開催されています。)

たとえば佐野眞一さん。
「津波と原発」という書籍を出したのは知っていましたが、日本記者クラブチャンネルの佐野さんの講演を見て、「やっぱり読んでおかないと」と思い直しました。

(最新の)5月22日には、京都大学教授の植田和弘さん。
ネット掲載も早い。すでに翌23日に見ることができます。
植田さん「原発の再稼働問題。足りないから稼働するんじゃないですね。そういう話は全くしておりません」「でも本当は、経営のために再稼働したいんじゃないでしょうか、と思われているのは否めない」「倫理的消費」。
講演を聞くと、この期に及んでの電力会社(や原子力官僚)の不誠実さを知ると悲しくなりますが。

5月28日には、京都府の山田啓二知事が講演します。


講演は、聴衆との質疑応答も含めて「オン・ザ・レコード」。(当たり前かもしれませんが)反対が「オフ・ザ・レコード」(オフレコ)です。
日本新聞協会という閉鎖的な寡占の業界団体があります。それと近しい関係といえる日本記者クラブは、記者クラブチャンネルから判断する限りでは、日本の報道者の良心・良識を感じさせてくれます。

私は、日本記者クラブの法人会員である新聞社の記者だったことがあります。ユーチューブのこのチャンネルを知るまで(「3・11」以前)、日本記者クラブは、日本新聞協会と同様の、閉鎖的な組織だと思っていました。
ただ、講演で重要な発言があっても、報道していない新聞があるのもわかります。自分で所属と名前を名乗って質問しているのにです(しばらくしてから報じている事例がありました)。


◆参考サイト
YouTube(ユーチューブ)「日本記者クラブチャンネル」
http://www.youtube.com/user/jnpc
日本記者クラブのホームページ
http://www.jnpc.or.jp/

(了)



posted by びとう さとし at 00:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。