2012年04月30日

今夏策定のエネ基本計画に「原発ゼロ」求む――「脱原発をめざす首長会議」が70人で設立  自治体リストつき 

今夏策定のエネ基本計画に「原発ゼロ」求む――「脱原発をめざす首長会議」が70人で設立  自治体リストつき   


原発に依存しない社会づくりを主張し、ビジョンなき中央政府の原子力政策の転換を求める「脱原発をめざす首長会議」が4月28日午後から設立総会を東京都品川区西五反田の城南信用金庫本店で開かれました。
首長会議には元職6人を含む70人が名を連ね、設立総会には21人(東京新聞は22人)の首長が参加しました。西日本新聞によると、自治体職員を含めて約200人が出席しました。


基礎自治体(特別区含む)数は1742。設立時の「70」は、まだ4%にすぎません。 
>あなたが住む市町村(自治体)の「広報広聴」担当係に、電話するなり、メールしてみてはいかがでしょうか。呼びかけ人の首長さんたちは、3月末に日本すべての基礎自治体に案内を配っているようです。あなたの住む自治体の首長さんに「3・11」以後の原発・エネルギー政策の姿勢を聞いてみるのもいいかもです。自治体の代表電話番号にかけると、やさしく担当部局につないでくれます。<

朝日新聞・京都新聞・西日本新聞・東京新聞・河北新報・北海道新聞・信濃毎日新聞・共同通信・OurPlanet TV・TBS・新潟日報・山陰中央新報・茨城新聞・毎日新聞などが報じています。
東京新聞は、設立総会当日28日付け朝刊紙面に、村上達也・茨城県東海村長のインタビュー記事(ペン・小林容史さん)を載せて深堀りしてます。
読売新聞のニュースサイト「ヨミウリオンライン」と「NHKオンライン」で「脱原発をめざす首長会議」をキーワードに検索しても、どちらも1件のヒットもありませんでした。

設立総会では、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の「拙速な再稼働」に反対する、政権が今夏に策定する新たなエネルギー基本計画に「原発ゼロ」を盛り込むことを求める――などとする決議を採択しました。

「代表」となる世話人には、三上元・静岡県湖西市長、桜井勝延・福島県南相馬市長、村上達也・茨城県東海村長の3人が選出されました。

<今後は年二回、情報交換会や勉強会を開き、政府に政策を提言してい く。>(東京新聞)、<原発ゼロへの行程を明確にする▽政府や国会議員に政策提案する−−ことなどを目指して勉強会を開き、欧州の視察などもする予定。>(朝日新聞)。


各紙から、会員首長の発言を拾うと…

原発立地自治体(日本原電東海第2原発)では唯一の会員で、世話人の村上村長は「他の首長が参加しない中で、ちゅうちょもあった」と明かした上で「長年、原発と共存してきた東海村だが見切りをつける時だ。設立は歴史的に意味がある」(西日本新聞)と語りました。

朝日新聞茨城版(ネット。ペン・栗田有宏さん)によると、村上さんは「福島第一原発事故の天文学的な被害を見て、原発に見切りをつけなければと考えた。被害は福島県民だけでなく、茨城の農漁業者、子どもを持つ母親たちにも及んでいる」「野田政権の大飯原発再稼働の政治判断で、この国は情けない、決定的にダメな国だと多くの国民が思っている。その証拠に脱原発、減原発の動きは衰えず、輪は広がっている」と現状を分析しつつ述べています。

全国注目の再稼働問題で揺れる関西電力大飯原発から約50キロに位置する京都府京丹後市の中山泰市長は「原発のない社会を作っていく、この趣旨には大賛成。力を合わせて、そんな(原発のない)社会を早く実現したい」(TBS)と連帯を強調しました。
顧問で前福島県知事の佐藤栄佐久さんは「原発が必要だから安全というのが国の論理だった」(共同通信)と、従来の自民党政権や現在の民主党政権を批判した。

信濃毎日新聞によると、小水力発電施設設置に向けて研究する長野県木曽町の田中勝已町長は「日本国内の水(の活用)で6億人分の電力を賄えるという学説もある。脱原発は日本でもできる」と発言。長野県中川村の曽我逸郎村長は「市町村は子どもを守るとの一点でつながれる。輪を広げたい」と述べた。

朝日新聞茨城版によると、茨城県かすみがうら市の宮嶋光昭市長は「(1999年の)JCO臨界事故に続き、今回の福島第一原発事故で再び、茨城の農業がひどい被害を受けている。東海第二原発は絶対止めなければいけない」と述べた。

京都新聞によると、
滋賀県愛荘町の村西俊雄町長(欠席)は「野田首相は人やあらゆる命、生存基盤の地球環境より、電力会社、経済界の方が大事なのか」とのメッセージを寄せた。

毎日新聞静岡版(ネット)によると、
中部電力浜岡原発の廃炉を訴えている三上湖西市長も「我々首長が政党の肩を押してやらないといけない。そ れが一番の役目だ」と強調した。


総会後の記者会見で、福島県の現職首長として唯一参加した南相馬市の桜井勝延市長は「被災者は心が折れかかっている。全国の首長と連携して再建に向け頑張りたい」(毎日新聞)、「地域住民が棄民にされる不安を感じる中、どうして再稼働なのか。福島で起きたことを全く学習していない。原子力政策を大きく転換しなければならない現実を全国に知ってほしい」(河北新報)、「住民を守る首長がどれほど厳しい状況に追い込まれるか。新しいエネルギー政策への転換が必要なことをお伝えしていきたい」(朝日新聞)と訴えました。

◆参考サイト
東京新聞ホームページ
http://www.tokyo-np.co.jp/
東京HP>記事「脱原発 「国に任せられぬ」 首長会議きょう発足 村上・東海村村長」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012042890070238.html

                       ◇


Our PlanetTV※さんが、報道用配布資料のリストを公開しています。
※(アワープラネットティヴィ=「わが地球テレビ」「私たちの惑星テレビ」の意)
◆参考サイト
「Our Planet TV」ホームページ>資料「会員リスト」
http://www.ourplanet-tv.org/files/120428-02.jpg

いろいろな思惑やしがらみのある中、脱原発への意思を表明した首長のみなさんに、賞賛と連帯の意を込めて、会員リスト一覧を(一部加工)。


△▼「脱原発を目指す首長会議」会員リスト▼△
(敬称略。※は元職、◎は呼びかけ人。☆は設立総会出席者。◆は「原発立地県」=全国原子力発電所所在市町村協議会。)
※リストには「35都道府県 69人」とありますが、リスト作成後に1人増えているようです。呼びかけ人は配布資料によりました(事前のものと一部違います)。

☆◆北海道(1)
上田文雄=札幌市長

☆◆青森(0)

☆岩手県(1)
山本正徳=宮古市長

☆◆宮城県(1)
鹿野文永=※鹿島台町長

☆秋田(2)
門脇光浩=仙北市長
高橋浩人=大潟村長

☆山形県(1)
阿部誠=三川町長

☆◆福島県(2)
◎桜井勝延=南相馬市長
◎根本良一=※矢祭町長

☆◆茨城県(5)
阿久津藤男=城里町長
島田穣一=小美玉市長
豊田稔=北茨城市長
◎村上達也=東海村長
宮嶋光昭=かすみがうら市長

☆栃木県(2)
入野正明=市貝町長
鈴木俊美=栃木市長

☆群馬県(1)
関清=川場村長

☆埼玉県(2)
田島公子=越生町長
大澤芳夫=長瀞町長

☆千葉県(5)
◎石井俊雄=長生村長
小坂恭久=酒々井町長
玉川孫一郎=一宮町長
相川堅治=富里市長
根本崇=野田市長

☆東京都(4)
◎上原公子=※国立市長
◎保坂展人=世田谷区長
邑上守正=武蔵野市長
矢野裕=狛江市長

☆神奈川県(2)
◎青木健=真鶴町長
加藤憲一=小田原市長

☆◆新潟県(1)
◎笹口孝明=※巻町長(現新潟市)

☆富山県(0)

☆◆石川県(0)

☆◆福井県(0)

☆山梨県(0)

☆長野県(5)
◎田中勝已=木曽町長
伊藤喜平=下條村長
曽我逸郎=中川村長
清水澄=原村長
岡庭一雄=阿智村長

☆岐阜県(1)
堀孝正=瑞穂市長

☆◆静岡県(4)
◎石井直樹=下田市長
◎鈴木望=※磐田市長
◎田村典彦=吉田町長
三上元=湖西市長

☆愛知県(2)
河村たかし=名古屋市長
佐護彰=※日進市長

☆三重県(1)
◎鈴木健一=伊勢市長

☆滋賀県(1)
村西俊雄=愛荘町長

☆京都府(1)
中山泰=京丹後市長

☆大阪府(0)

☆兵庫県(4)
酒井隆明=篠山市長
嶋田正義=福崎町長
広瀬栄=養父市長
◎中川智子=宝塚市

☆奈良県(1)
山下真=生駒市長

☆和歌山県(0)

☆◆鳥取県(1)
松本昭夫=北栄町長

☆島根県(1)
矢田辰夫=知夫村長

☆岡山県(0)

☆広島県(0)

☆(◆)山口県(0)

☆徳島県(2)
河野俊明=石井町長
笠松和市=上勝町長

☆香川県(0)

☆◆愛媛県(1)
三好幹二=西予市長

☆高知県(2)
西村卓士=土佐町長
高瀬満伸=四万十町長

☆福岡県(2)
加治忠一=香春町長
浦田弘二=福智町長

☆◆佐賀県(1)
江里口秀次=小城市長

☆長崎県(1)
田中隆一=西海市長

☆熊本県(2)
宮本勝彬=水俣市長
横谷巡=山江村長

☆大分県(1)
首藤勝次=竹田市長

☆宮崎県(1)
椎葉晃充=椎葉村長

☆◆鹿児島県(4)
本田修一=志布志市長
大久保明=伊仙町長
高岡秀規=徳之島町長
宮路高光=日置市長

☆沖縄県(0)

(了)



posted by びとう さとし at 00:38| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。