2012年04月22日

19日の再稼働反対の超党派議員による集会 参加は22議員の一覧一部




19日の大飯原発再稼働に反対する超党派国会議員らによる集会に関する記事が、「東洋経済オンライン」「しんぶん赤旗」にありました。

東洋経済は、参加議員5人の発言を紹介しています。
「衆参両院の22人の議員および30人の国会議員秘書らが参加」とあるのですが、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」には、「日本共産党、民主党、公明党、みんなの党、社民党、新党きづなの6党から22人が参加」とあります。
服部良一衆院議員(社民党)のブログには、「超党派の議員30人」と記述していて、国会議員22人と秘書の代理出席が8人かもしれません。
鎌田慧さん・野中ともよさん・山本太郎さんも参加したようです。

ちなみに朝日新聞が取り上げた谷岡郁子参院議員の発言は、東洋経済では「再稼働を急ぐ政府のやり方はあまりにも原子力村的だ。永田町に根付く文化を根本から変えないといけない」となっています。
赤旗の記事によれば、自民党議員の参加は1人もはなかったようです。

この集会の問い合わせ先になっている「国際環境NGO FoE Japan」のホームページに、「呼びかけ議員」26人と「賛同議員」7人、呼びかけ民団体35の一覧リストがあります。


上記の記事で、出席が確認できるのは、次の国会議員12人です。
残りの出席者10人はわかりません。

谷岡郁子参院議員(民主党)

川田龍平参院議員(みんなの党)

笠井亮衆院議員(共産党)
こくた恵二衆院議員(共産党)
高橋ちづ子衆院議員(共産党)
宮本たけし衆院議員(共産党)
井上哲士参院議員(共産党)
紙智子参院議員(共産党)
田村智子参院議員(共産党)

服部良一衆院議員(社民党)
福島みずほ参院議員(社民党)

中後淳衆院議員(新党きづな)


◆参考サイト
「東洋経済オンライン」>記事「大飯原発再稼働に反対する集会に超党派の国会議員22人が参加〜」(ペン=岡田広行さん)
http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/b9cd935f25f87426aecadea306428fa8/

「しんぶん赤旗」>記事「「再稼働・原発ノー」へスクラム 市民・国会議員が集い」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-04-20/2012042001_03_0.html

国際環境NGO FoE Japanのホームページ
http://www.foejapan.org/energy/action/120418.html

(了)

posted by びとう さとし at 00:31| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。