2012年03月28日

「再稼働推進」の福井県高浜町・野瀬豊町長は 茨城県東海村・村上達也村長から学べ! 




【福井新聞ネット3月27日】によると、
福井県高浜町の野瀬豊町長は26日の記者会見で、<「経済活動が安定して、人の命や生活を守ることができる」と強調。>したようです。
高浜町の野瀬町長は原発の再稼働の改めて表明しました。

【雑誌「SIGHT 2012SPRING」】のインタビュー記事によると、
茨城県東海村の村上達也村長は、<原発なしで地域の金はどうするんだとか、雇用はどうするんだとか、そういうことばかり言われますが、じゃあ、その代わりに命の捨てるのか、ふるさとを捨てるのかと。>と発言しています。

福井県には「命あっての物種」の慣用句はないのか?

(了)



posted by びとう さとし at 01:16| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。