2011年05月07日

【動画】長崎大学教授の山下俊一さんの講演の質疑応答。講演は2011年05月03日に福島県二本松市で開催。



シーサーのブログのコメント欄に、【越後屋】さんが山下俊一さんの講演会の動画を教えてくれる、情報を寄せてくれました。ありがとうございます。(*^_^*)
2011年05月03日に、福島県内(「中通り」地方)の二本松市(にほんまつ・し)で開かれた講演会の質疑応答(しつぎおうとう)です。
動画サイト「YouTube」(時間は33分46秒です)
動画のURL:http://www.youtube.com/watch?v=ZlypvPRl6AY

山下俊一(やました・しゅんいち)さんは、長崎大学の医学系教員。福島県の「放射線健康リスク管理アドバイザー」を務めている。

「質疑応答」とは=講演を聞いていた人たちが、講演者に不思議(ふしぎ)に思うことをたずねて、講演者がその質問に答えることです。
(この文章を読む人をバカにしているのではなく、中学1年生を頭におきながら文章を書いているための注釈とお考えください。(*^_^*)いや〜〜ん)




山下俊一さんの話を最初に、ラジオ福島で聞いた時の3月中旬よりさらに「御用学者」との印象を強くするのが、私の率直な感想です。
しかし、人によって受け止め方に、違いがあるのは当たり前ですので、30分を超える内容ですが、仙台や関東に住む人もご覧になっておいた方がいいようにも思います。


【この動画の要約文字おこし】
※注:「○人目」は、あくまでもこの動画に出てくる順番であって、「1人目」が実際には「8人目」かもしれない。

◆1人目男性:「命と向き合う仕事」をしている僧侶(お坊さん)、カワタマサノブさん?の甥(おい)のかた。情報が氾濫していて(真相が)わかりません。(山下俊一)先生にひとつだけお聞きしたいのは、ここ二本松が影響のない地域なら、ここに住みます。生活します。先生にも覚悟をしていただきたい。お孫さんをつれて、(二本松)砂場で遊べますか?
「被曝ヒバク2世」


◆2人目若い20代?男性:福島県出身の神奈川県人。質問と意見が頓珍漢トンチンカンな人。割愛・省略。


◆3人目男性。


◆4人目女性:2度重ねて繰り返して「短銃な質問で申し訳ないですけど」と「洗濯の注意点」について質問。「6歳と5歳の子どもがいるんですけど」

山下俊一さん「今のレベルは、全く心配ありません」
【びとう粒焼き】ナガサキを体験した長崎市にある大学の、しかも医学系の教員、しかも「被曝者ヒバクシャ2世」の人間で、こんな人がいるのか。


◆5人目女性:学校に務めている。セシウムの数値が高いが。「安全」だと言われて、それを鵜呑みにすることはできないんですね。
【粒】今のところ、2人目の人を除いて、冷静な質問が続く。わが祖国の教育程度の高さを示すような質問態度です。


◆6人目男性。マスクをしている。講演内容をメモした紙を確認しながら、慎重に、冷静に質問をしています。マスク取りました。国による補償・内部被曝(ないぶ・ひばく)などについて質問。閾値(しきいち)について。

山下俊一さん:のらりくらり。


◆7人目男性。マイクを顎にかけている。オレンジと灰色グレイの横じまのシャツ。:(ちょっと音声が聞き取りづらくなる。私びとうのPCが原因のようです。28分30秒くらい、残り約5分)


(文おわります・了)


posted by びとう さとし at 04:38| 北海道 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福島大学でも「100ミリシーベルトまで安全」に声を上げています。

福島大学原発災害支援フォーラム
http://fukugenken.e-contents.biz/proposal

山下俊一のトンデモ発言
http://www.youtube.com/watch?v=PuwFrNEgDTg
Posted by 越後屋 at 2011年05月09日 07:43
越後屋さん、コメント&情報提供ありがとうございます。(*^_^*)

いったん出掛けますので、帰り次第、確認させていただきます。
ありがとうございます。

政権(内閣)、東京電力、NHK、原子力安全・保安院の4つのうち、一番関心・興味のあるのは、どれですか?
「アンケート、ひとりに聞きました」(*^_^*)

よい一日を、お過ごしください。
「越後屋も、わるよのぅ〜」(*^_^*)

Posted by びとう さとし at 2011年05月09日 09:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。