2011年05月01日

15日(日曜)にいわき市で反原発パレード (*^_^*)【拡散希望】



☆NO NUKES! PEACE DEMO in Iwaki, FUKUSHIMA☆
NO NUKES! PEACE DEMO in Iwaki, FUKUSHIMA
さよなら原発
放射能汚染のない平和な未来を求めるパレード!

★情報元のサイト「」のURL⇒http://nonukesmorehearts.org/?page_id=462

◆ 日時:2011年5月15日(日)
*悪天候、原発の状況と放射線量の状況が悪化した場合は中止/当日HPにてお知らせします
★集会14:00 ★パレード出発15:00
*約1時間のパレード / いわき駅で流れ解散
◆ 集合場所:平中央公園*福島県いわき市平字三崎1 /
いわき芸術文化交流館アリオス前
◆ 共催:
いわきアクション!ママの会 / NO NUKES MORE HEARTS
◆ 協賛:脱原発福島ネットワーク
お問い合わせ:info●nonukesmorehearts.org
(●を@に差し替えて送信ください)
WEB:nonukesmorehearts.org/?page_id=462

どなたでもお気軽にご参加ください!!
仮装やコスプレ、楽器や歌や鳴り物大歓迎!それぞれの思い思いのスタイルで意志表示をしましょう!

〜子供たちを守りましょう!〜
2011年3月11日に発生した東日本大震災により引き起こされた、東京電力福島第一原子力発電所の大事故をきっかけに、私たちの生活や環境が大きく変化してしまいました。地震や津波の被害、余震への心配の上に、「放射能汚染」という更なる被害が私たちに覆いかぶさってきています。
日本全国、福島県全域はもとよりいわき市でも、行政の放射線量に関しての「安全キャンペーン」により正確な情報が市民に行き届いていない、または遅れ遅れの対応での被害拡大など、特に最近の小中学校に対する行政からの指示などは、子供を持つ多くの父母に甚大な不安を与えています。また、このままのやり方を行政に許していくことで、更なる環境汚染と健康被害を市民、とりわけ未来を担う子供たちへもたらすことは一目瞭然です。子供たちを守ることは、私たち大人の「責任範囲」です。
開催地いわき市の人々だけではなく、福島県全域または全国からの脱原発を望む人々、不安を抱えながらどうすることもできないと思っている人々、避難所でこの不条理な状況に憤っている人々、すべての人々が集い、元気を与え合い「私たちは無力ではない、私たちにも変えられる」という意識を持って帰れる、そんな場を一緒につくりましょう!




◆「平中央公園」アクセス情報
JR常磐線「いわき」駅南口より徒歩15分
○電車:
特急スーパーひたちにて
東京方面より 上野ーいわき(2時間15分 6190円)
仙台方面より 仙台ーいわき(2時間 4930円)
*2011.4.25現在、仙台-いわき間は不通
○高速バス:
東京方面より 東京駅ーいわき(3時間 3350円)
会津若松、郡山方面より
若松駅ーいわき(2時間45分 2300円)
郡山駅ーいわき(1時間30分 1500円)
○お車:
東京方面より 常磐自動車道 いわき中央インターより
約10分
仙台方面より 東北自動車道 郡山JCTより磐越自動車道経由、いわき中央インターより約10分

○無料駐車場:いわき合同庁舎駐車場、いわき市役所駐車場、アリオス横(市役所に隣接)駐車場、
平中央公園斜め向かい市営駐車場、いわき文化センター駐車場、いわき市立美術館駐車場
(美術館利用のスタンプ入る)
○有料駐車場:駅前から、ところどころコインパーキングがあります。
24時間、上限ありの料金制度、上限500円から600円ぐらいです。



◆カンパのお願い
フライヤー印刷やパレード運営諸経費のためにカンパをお願いします!
郵便振替口座: 00190-8-428955
加入者名: NO NUKES MORE HEARTS (カナ氏名:ノーニュークスモアハーツ)
*通信欄に「いわきパレードカンパ」とご記入ください。



◆関連アクション「いわき市長への申し入れ」
日時:2011年5月13日(金)13:30〜 場所:文化センター /いわき市平字堂根町1-4
★時間、場所ともに、フライヤー掲載情報から変更になりました
<申し入れの内容>
@福島第一原発の事故による放射能汚染から子どもたちを守るための要望。
*学校の登下校時、第一原発からの事故処理のための無断でのドライベント禁止のこと。必ず6時間前には風向き等考慮の上、学校と家庭に連絡できるようなシステムづくり。
*学校、幼稚園、児童施設に、それぞれ1台ガイガーカウンターを設置すること。それぞれの室内、校庭などの線量情報を、各家庭でも確認できるようなシステムづくり。
*国から通達の、校庭での体育、学校活動の許容線量は高過ぎます。平常時のWHOの許容線量を参考に、いわき市独自の規定をもうけること。
*季節ごとの幼稚園、学校行事での注意事項の細やかな連絡を行うこと。例えば、夏のプール授業などへの慎重な対応を促すこと。
*給食で使用する材料についての産地、線量の認識の徹底。
*通学路まわりの下水道など、線量が上がると思われる場所の危険お知らせ立札などの細やかな配慮。  など
A「東京電力福島第一、第二原子力発電所の10基、すべての廃炉」を、いわき市より東京電力に要請すること。

申し入れ賛同団体募集中:詳細→(準備中)



「いわき」ってどんなところ?

★情報元のサイト「」のURL⇒http://nonukesmorehearts.org/?page_id=462

(文おわります・了)


posted by びとう さとし at 05:18| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱原発・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。