2011年03月13日

認定NPO「原子力資料情報室」は福島原発30キロ内にヨウ素剤配布を要請 17時から記者会見 

原子力資料情報室は13日、「政府、原発地元自治体に対し、福島原発30キロ圏内の住民に対し、ヨウ素剤を配付することを要請します」と表明しました。


◎原子力資料情報室(CNIC)のホームページ
http://www.cnic.jp/

Ustream(ユーストリーム)
ユーザー名 CNIC_JAPAN
http://www.ustream.tv/user/CNIC_JAPAN
中継画面
http://www.ustream.tv/channel/cnic-news
※本日(2011/3/13)の記者会見中継は岩上安身さんのアカウントを利用させていただきます
    →http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1002

Twitter(ツイッター)
@CNICJapan
http://twitter.com/CNICJapan

YouTube(ユーチューブ)
CNICJapan
http://www.youtube.com/user/CNICJapan
※YouTubeへの動画アップはお待ちください。


◎原子力安全・保安院(NISA)のホームページ
http://www.nisa.meti.go.jp/

◎内閣府「防災情報」のトップページ
http://www.bousai.go.jp/index.html

◎福島県のホームページ
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/
いまのところ役に立ちそうな情報はない。

◎東京電力(TEPCO)のホームページ
http://www.tepco.co.jp/
◎東京電力「原子力」関連トップページ
http://www.tepco.co.jp/nu/index-j.html

(了)



posted by びとう さとし at 16:59| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和・安全保障・危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。