2011年02月17日

NHKがラジオ放送の同時ネット配信 「チェルノブイリ25年」で4月に海外番組

NHKの日向英実放送総局長は16日の定例会見で、ラジオ放送の同時インターネット配信を来年度中に始めたいと明らかにしました。共同通信・朝日新聞などが伝えています。

ラジオはよく聞くので、朗報です。

ただ、NHKは4月からBSが3波から2波に減らすものの、巨大ガリバーであるのは変わりありません。また、NHK会長選びでも、前総務相の原田一博さんらのいろいろな暗躍があったと「世界」3月号(岩波書店)の記事が伝えています。

来年度と発言していますので、再来月4月から2011年3月までにということですね。
関東・関西地域限定でネット配信している「ラジコ」というネット配信サービスがあります。こちらも早く全国で聞けるようになればと思います。
放送局は地域ごとに免許を認可しているというのが障害になっているのだと思います。
ついでにながら、外国のインターネット放送(配信)では、音楽が聞けるけれども、日本では著作権に絡んだ問題が解決されていないため、(インディーズ系を除き)音楽はネットでは無音状態となっています。こちらも解消してほしいです。

旧ソ連時代の「チェルノブイリ事故」から25年を迎えます。
「BS世界のドキュメンタリー」で「シリーズ チェルノブイリ事故 25年」を放送すると発言しています。どこの国の放送局かまではわかりません。


<以下は、NHKのホームページからの該当部分のコピペです。>
「Q:平成23年度のインターネットサービス基本計画について
A:(日向総局長)
 ラジオの受信環境が急激に変化し、聴取しにくくなっている現状を踏まえ、ラジオ放送と同時のインターネットでの提供を来年度中に進められるよう努める。」

(了)



posted by びとう さとし at 00:32| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。