2009年10月13日

前原国交相「羽田をハブ空港に」 成田との「内際」分離原則も撤廃

前原誠司国土交通相は12日、羽田空港をハブ(拠点)空港と位置づけ24時間稼動する国際空港を目指したい意向を表明しました。
羽田空港を国内線、成田空港を国際線とすみ分けている、「内際分離」の原則についても、撤廃する考えを示しました。
各メディアが伝えています。

羽田空港は来年2010年10月に第4滑走路が完成予定で、就航便数が増えます。

前原大臣は「日本にはいまハブ空港が存在しない。成田が国際、羽田が国内と分かれ、日本のハブ空港は韓国の仁川になっている」(共同通信)、「日本にはハブ空港が存在しない。来年10月に羽田の第4滑走路ができることを契機に(成田が国際線、羽田が国内線という)内際分離の原則を基本的に取っ払って、羽田の24時間国際空港化というものを徐々にめざしていきたい」(日本経済新聞)、


「3空港問題」が2つあります。
1つは、関西・伊丹(大阪)・神戸の関西3空港。もう1つは、成田・関西・中部の国際拠点3空港です。

関西に3つも要らないし、国際拠点空港も3つも要らない。

政権交代は、運輸省(現国土交通省)の経済成長の右肩上がりを持続したい幻想に終止符を打つ、良い機械になるのではと思います。

成田空港の扱いや、関西空港の1兆円を越える借金などの難題を抱えていますが、これ以上は悪くならないでしょうから、情報を洗いざらい国民の前に示すことが必要だと思います。

(了)



posted by びとう さとし at 00:45| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治★全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。